IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年10月27日(土)

11R

2018年10月27日(土) | 4回京都8日 | - 発走

第61回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気: | 馬場: | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

馬齢・性別

3〜4歳の若い馬が中心で人気なら心強い

3歳が[4.1.0.17]で勝率18.2%、4歳が[3.3.3.19]で勝率10.7%、合わせて[7.4.3.36]と、この2世代が中心。特に3番人気以内だと[5.1.0.9]と信頼感が増す。5歳勢は[1.4.5.43]と2〜3着が多く、勝率は1.9%止まり。6歳は[2.1.1.32]の勝率5.4%と盛り返し、穴馬の大駆けにも注意。7歳以上は[0.0.1.18]とかなりの苦戦を強いられている。牝馬も[1.0.3.25]とやや不振で、勝ったのは2番人気の3歳馬アルビアーノだけである。

前走成績

前走重賞で“ちょい負け の馬が狙い目

前走が中央の重賞だった馬が[6.6.9.69]。この組は前走5着以内で[1.2.3.19]、6着以下で[5.4.6.50]、勝ち馬との着差1秒未満で[5.5.8.48]だから「重賞で掲示板に載れなかったが大敗はしていない」というタイプが狙い目となる。あとは前走が芝マイルのオープン特別だった馬が[3.1.0.15]で要注目。馬券に絡んだ4頭のうち3頭は重賞ウィナー、残る1頭はマイル戦5勝のサンライズメジャー。このクラスの馬のみ通用するステップだ。

脚質・枠順・馬体重

逃げ先行タイプ、外枠、大型馬が有利

前走4コーナーを1〜2番手で回ってきた馬が[5.2.2.16]の勝率20.0%、逆に4コーナー10番手以下だった馬は[2.1.5.54]の勝率3.2%と、前に行ける馬が有利。1〜5枠に入った馬は[2.5.7.77]と勝ち切れず、対照的に6〜8枠に入った馬は[8.5.3.52]で勝率11.8%と活躍。内より外に注目すべきレースだ。また馬体重が460kg未満だと[0.2.0.23]で小型馬は不振。520kg以上の馬が3勝、馬体重前走比プラス10kg以上の馬も3勝している。

重賞実績

勝ち負けするためにはマイル〜1800mの重賞での実績が必須

過去10年の勝ち馬10頭のうち、グランプリボスとミッキーアイルはマイルG1勝ち馬、マイネルレーニア、キンシャサノキセキ、マルカフェニックス、リディル、コパノリチャード、サトノアラジンはマイル以下の重賞勝ち馬、アルビアーノは1800mの重賞勝ち馬だった。昨年の優勝馬サングレーザーは500万、1000万、1600万と3連勝中でデイリー杯2歳Sの0.1秒差3着もあった。マイル〜1800mの重賞実績は必須といえそうだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。