IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年10月21日(日)

11R

2018年10月21日(日) | 4回京都7日 | 15:40発走

第79回菊花賞(GI)

芝・右・外 3000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:12000、4800、3000、1800、1200万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

東西とトライアル

関西馬&神戸新聞杯組が断然の軸。関東馬は完全に劣勢

過去10年で関西馬が[10.10.9.106]、関東馬は[0.0.1.44]と完全に西高東低。3着に来た関東馬は前走1番人気1着のゴールドアクターだが、同じく前走1番人気1着のトウカイメロディやディーマジェスティは人気を裏切っている。基本的に関東馬は軽視したい。東西トライアルと菊花賞との関係も、神戸新聞杯組の[8.6.5.51]に対してセントライト記念組は[1.3.1.45]。「神戸新聞杯を使ってきた関西馬」を軸にして馬券を買うべきだ。

前走の着順と着差

前走完勝か、負けても僅差だった馬が菊花賞で好走する

前走1着だった馬が[6.1.5.43]、2着馬が[1.4.1.17]、3着馬が[3.3.1.13]。以上のトータルが[10.8.7.73]だから、馬券は「前走1〜3着馬」でまとめるのが常道。前走4着以下だと[0.2.3.77]で、馬券に絡んだ5頭中4頭が神戸新聞杯組だ。前走1着馬は、2着とのタイム差が0.3秒以上あれば[4.0.2.9]と信頼感アップ。また前走で0.6秒以上負けていた馬は[0.2.2.64]と苦戦している。前走完勝または負け過ぎていないことが大切だ。

条件戦の勝ち馬

前走・条件戦でも先行して1着なら好勝負は可能

菊花賞では、古馬と混じって条件戦を戦ってきた馬が時おり激走する。が、前走が条件戦だった馬は[1.0.4.45]と苦戦しているのが事実。とりわけ前走・条件戦で2着以下に負けていた馬は[0.0.0.13]でまったくの望み薄だ。馬券に絡んだ5頭はすべて前走1着。1000万下条件の芝1800〜2600m戦を走り、逃げまたは好位4番手以内の追走から勝利している。たとえ前走で古馬相手に勝っていても、差し・追込みタイプは軽視したい。

脚質

たとえ差し馬でも4コーナーでは好位まで押し上げられる馬がいい

過去10年の勝ち馬10頭のうち、キタサンブラックとキセキを除く8頭は好位2〜5番手で4コーナーを回ってきた。序盤は中団以下につけていたオウケンブルースリ、オルフェーヴル、ゴールドシップ、サトノダイヤモンドも3コーナーから位置取りを上げている。また10頭中8頭は前走で4コーナー9番手以内につけていたから、追込み一辺倒ではなく、勝負どころで前に位置できる先行型または自在脚質がベターだろう。

デビューと初勝利

2歳夏よりも秋〜冬、あるいは3歳で初勝利くらいでちょうどいい

過去10年の勝ち馬のうち、もっともデビューが早かったのはゴールドシップの2歳7月、遅かったのはトーホウジャッカルの3歳5月。2歳夏時点で勝ち上がっていたのはオルフェーヴルとゴールドシップだけで、初勝利が2歳10〜12月という馬が4頭、3歳6月以降に初勝利をあげた馬が3頭。早い時期から使い出して早々に勝ち上がるよりも、ゆっくり成長して3歳になってからエンジンがかかった、という晩成タイプがやはりいいようだ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。