IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年5月5日(土)

11R

2018年5月5日(土) | 3回京都5日 | 15:35発走

第66回京都新聞杯(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 |

レースの攻略アプローチ

前走の成績

重賞好走馬vs芝500万下快勝馬

前走が皐月賞または毎日杯だった馬は[4.1.2.12]で勝率21.1%。勝ち馬4頭の前走は皐月賞0.9秒差5着と0.5秒差7着、毎日杯勝ち馬2頭という内訳で、全馬とも今回1〜3番人気だった。こうしたタイプが第一の狙い目だ。前走・芝の500万下を勝ち上がってきた馬が[6.3.2.21]、勝率18.8%で重賞組と互角の成績。今回3番人気以内なら[5.1.0.5]と信頼感が増す。重賞好走の人気馬vs芝500万下快勝の人気馬という構図のレースだ。

脚質

逃げ馬と追込み馬には厳しい。狙いは好位差しタイプ

過去10年で逃げ切った馬はゼロ、前走で4コーナー先頭だった馬も[0.0.2.15]と前に行く馬には厳しいレースだ。いっぽう4コーナー10番手以下から差し切ったのはキズナだけ。前走4コーナー10番手以下だった馬からはベストメンバーとギズナが勝っているが、いずれも今回1番人気だった。かなりの素質馬でないと追込みも届きづらい。前走4コーナー3〜7番手の好位差しタイプが[6.5.6.49]で、このグループが中心だ。

枠順・キャリア

極端な内と外は不利。キャリア5〜8戦の馬が中心

過去10年で1枠が[0.1.1.14]、7〜8枠が[1.2.1.39]と、極端な内と外は不利になっているイメージ。特に馬番12番より外に入った馬が[0.0.2.41]と大苦戦している。多頭数になったら馬券は馬番11までの範囲でまとめるのが本筋だろう。またキャリア5〜8戦の馬が[10.8.6.58]、ここから外れる馬は[0.2.4.65]と大きな成績差がある。使い過ぎていてもキャリアが足りなくても苦戦するレースだ。

血統

府中または長距離戦に適性のあるヘイルトゥリーズン系重視

過去10年の勝ち馬10頭すべてがヘイルトゥリーズン系(サンデーサイレンス系含む)種牡馬の産駒。ディープインパクト産駒が3勝、タニノギムレット産駒が2勝、ダノンシャンティ産駒が1勝と、東京の芝でG1を勝った種牡馬が好調だ。他ではマンハッタンカフェ産駒が4勝している。また父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系が[4.3.1.21]で勝率13.8%。この配合の馬は、しっかりと押さえておきたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。