sportsnavi

2018年4月22日(日)

11R

2018年4月22日(日) | 3回京都2日 | 15:35発走

第49回読売マイラーズカップ(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5900、2400、1500、890、590万円 |

レースの攻略アプローチ

枠順

穴馬は内枠で2着候補、外枠で勝ち切る

1枠〜6枠に入った馬は過去10年で[4.9.9.85]の勝率3.7%、2着の多さが目を引く。勝ち馬は1番人気が2頭、3番人気が2頭で、6番人気以下は[0.4.3.65]と「2着ならある」というイメージだ。7枠と8枠に入った馬は[6.1.1.42]の勝率12.0%。とりわけ8枠が[5.0.1.19]と成績上々だ。勝ち馬6頭に1番人気はおらず、6番人気以下でも[2.1.1.31]と勝てるが、10番人気以下になると[0.0.0.23]と成績はグっと落ちてしまう。

中距離適性

マイル適性より中距離で実績を残してきたことを重視

前走が芝マイル戦だった馬は[3.6.8.73]、芝1400m以下だった馬は[1.2.0.18]なのに対し、前走が芝1800m以上だと[5.2.2.33]。マイル組から出た勝ち馬3頭のうち2頭は前走が香港マイルだった。また過去10年の勝ち馬9頭中6頭が芝1800m以上の重賞・オープン特別で勝ったことがあり、残る3頭はスプリングS僅差4着のグランプリボス、1800mで準オープン快勝のレッドアリオンとクルーガー。中距離への対応力が重要だ。

ローテーション

短距離路線は軽視。ゆったりとした間隔で臨む馬が中心

前走がダービー卿チャレンジT、東京新聞杯、高松宮記念だった馬は合わせて[0.3.6.45]と不振。短距離〜マイル路線としては王道ローテーションのはずだが、狙いにくい。また前走からの間隔が連闘〜4週と短い馬は[0.4.1.64]と2着まで。5週以上と十分な余裕をもって臨んできた馬が[10.6.9.63]と勝ち切っている。短距離路線を使い詰めの馬より、ある程度間隔を開けてジックリ仕上げられた中距離タイプを狙いたい。

脚質

逃げ・先行馬が圧倒的に有利

4コーナーを4番手以内で回ってきた馬が[6.2.5.33]と先行有利。逆に4コーナー9番手以下だと[1.2.2.65]と届きづらい。前走(海外のレースは除く)を参考にすると、4コーナーを1〜2番手で回ってきた馬が[5.1.2.13]、10番手以下だった馬は[1.4.2.50]で、やはり先行していた馬が有利、差し・追込み馬は2〜3着という傾向だ。前でレースを進める馬から後ろから差してくる馬へ流す、という馬券戦略で挑みたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。