2018年12月23日(日)

11R

2018年12月23日(日) | 5回中山8日 | 15:25発走

第63回有馬記念(GI)

芝・右 2500m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の格と着順

前走はG1であることが絶対条件。人気と着順が上位なら心強い

前走がG1だった馬が[9.8.9.80]。ジャパンC、天皇賞(秋)、菊花賞、凱旋門賞から勝ち馬が出ている。国内G1組に限ると、前走1〜2番人気なら[6.4.2.11]、前走1〜3着なら[6.3.3.21]。前走人気上位&着順上位だった馬なら信頼できそうだ。前走がG2以下だと[1.2.1.44]で不利。馬券に絡んだ4頭のうち3頭は、前走2000m以上のG2・G3を差し切っていた。こういうタイプにだけ注意しておけばいいのではないだろうか。。

騎手

外国人騎手は必ずピックアップ。乗り替わりのヒモ穴注意

ルメール、デムーロを含めて外国人騎手が[2.6.4.25]。意外と勝利は少ないが8年連続で馬券に絡んでいる。日本人騎手では、関東勢の[3.1.4.50]に対して関西勢が[5.3.2.48]と優位だが、4番人気以下で勝ったのは関東勢だけだ。前走と同じ騎手が乗った馬は[7.4.6.67]で勝率8.3%、騎手の乗り替わりがあると[3.6.4.57]で勝率4.3%。乗り替わりのあった馬は6番人気以下で[0.4.1.48]と、2着の穴として機能している点に注意したい。

性別・年齢

勝率トップは3歳。6歳以上は苦戦も超大穴の可能性あり

3歳馬が[4.2.2.23]で勝率12.9%と優秀。4歳は[2.5.2.31]で勝率5.0%、5歳が[4.2.4.37]の勝率8.5%。6歳以上は[0.1.2.33]と苦戦しているが、馬券に絡んだ3頭は2ケタ人気で、大穴として無視できない。牝馬は[2.3.0.17]なら立派な成績。ただし連対したのはダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、クイーンズリング。二冠や三冠クラス、少なくともG1勝ち鞍がないと勝ち負けまでは厳しいだろう。

血統

サンデーサイレンス後継種牡馬の産駒を狙え

サンデーサイレンス系種牡馬が2004年から2014年まで11連勝。ここ2年も連勝しており、過去10年では[9.7.6.72]と他を圧倒している。2015年はスクリーンヒーロー産駒ゴールドアクターが勝利していて、非サンデーサイレンス系のヘイルトゥリーズン系種牡馬も狙える存在だ。出走数そのものが多いせいもあるが、有馬記念は「サンデーサイレンス系を中心にヘイルトゥリーズンの血が絶対的に強いレース」といっても過言ではない。

生産者

社台グループが絶好調。1番人気になれば信頼度は極めて高い

社台ファームやノーザンファームなど、いわゆる社台グループの牧場で生まれた馬の成績が[7.9.6.73]。1番人気に限れば[4.2.0.0]でパーフェクト連対を果たし、6番人気以下でも[0.5.4.50]とヒモ穴として機能する。また社台グループ生産のグランプリホースはドリームジャーニーとオルフェーヴルの兄弟など、きょうだいや母親が重賞を勝っている馬ばかり。血の確かさが有馬記念を制する、といっていいだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。