2018年1月21日(日)

11R

2018年1月21日(日) | 1回中山7日 | 15:45発走

第59回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の成績その1

前走重賞組が中心で、特に有馬記念からの臨戦には注意

前走が重賞だった馬は[10.8.6.71]で勝率10.5%。特に[4.2.1.9]の有馬記念組は要注目。2秒以上負けていたネヴァブションとヴェルデグリーンが勝っているように前走の内容はあまり気にする必要がない。それ以外の重賞からだと、前走1着または勝ち馬から0.9秒差以内なら[6.4.5.38]、1秒以上負けていると[0.2.0.24]、前走3番人気以内で[5.1.1.7]。この組から出た勝ち馬6頭は、すべて重賞での連対経験があった。

前走の成績その2

前走が重賞以外でも中山で好走なら見限れない

前走が準オープンやオープン特別だと[0.2.4.41]で成績的には苦しい。この組で馬券に絡んだ6頭の前走は、トウショウシロッコとナカヤマナイトがディセンバーS1着、スーパームーンが同2着、フェイムゲームが同6着ながら0.2秒差の接戦、ブラックアルタイルとミライヘノツバサは中山芝2200mの準オープンで1着だった。中山の芝中距離で好走していれば、なんとか馬券圏内に食い込むことができるかも知れない。

年齢と馬体重

4歳馬と小柄な馬が苦戦している

4歳馬が[0.2.2.16]と苦戦。レッドレイヴンが1番人気で4着、サトノラーゼンは1番人気10着と、人気上位でも信頼しにくい状況だ。5歳勢が[4.0.3.22]で勝率13.8%と上々。6歳馬も[3.1.3.30]と上位を争い、7歳以上の高齢馬も[3.7.2.48]と2着によく来る。また馬体重が480kgに満たない馬は[1.0.2.36]で勝ったのはヴェルデグリーンだけ。480〜510kgの範囲内の馬が[9.8.7.57]の勝率11.1%と好調である点も予想に生かしたい。

距離・重賞実績

中山か中距離のオープン〜重賞で勝ち負けした経験が必要

10年間の勝ち馬9頭を見ると、すべての馬に芝2000m以上での勝ち鞍があった。重賞勝ち鞍を持つ馬が6頭で、残り3頭は前走か2走前に重賞で連対していた。これらの条件を満たしている馬が中心となるはずだ。また前走・重賞5着以内かつ勝ち馬から0.5秒差以内という馬が7頭。残り2頭は、2走前にオープンを勝っていたダノンバラードと、3走前に重賞を勝っていたヴェルデグリーン。直近の好走歴が必要なレースだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。