2018年11月25日(日)

11R

2018年11月25日(日) | 5回東京8日 | 15:40発走

第38回ジャパンカップ(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:30000、12000、7500、4500、3000万円 |

レースの攻略アプローチ

人気

人気サイド+前走好走なのに評価の低いタイプ

1番人気の[3.3.2.2]、なぜか好調な4番人気の[3.0.0.7]を含め、1〜5番人気のトータルが[9.7.4.30]。馬券圏内の3分の2を占める。6番人気以下が[1.3.6.113]なので、人気馬決着+3着に穴馬というのが頻出パターンだ。6番人気以下で3着以内に来た10頭のうち5頭は前走1着馬、6頭は騎手が乗り替わり、5頭は鞍上が外国人騎手。「前走好走なのに評価が低く、外国人騎手に“一発 を託された馬」が穴っぽい存在といえる。

騎手・厩舎

関東の騎手が乗ると勝機激減。外国人騎手+関西馬が中心

JRA所属馬に限ると、デムーロとルメールを含め現関西所属騎手が[7.6.6.43]の勝率11.3%と優秀。外国所属騎手も[3.3.3.12]で勝率14.3%を誇る。毎年必ず一人は外国出身騎手が3着以内に来ている点には要注意だ。いっぽう現関東所属騎手は[0.1.1.44]、5番人気以内に限っても[0.1.0.12]なので信頼度は低い。また関東馬が[1.1.2.33]、関西馬が[9.9.8.66]と、数の上でも率的にも関西馬が優位な状況となっている。

ローテーション

G1勝ちのある天皇賞組かG2勝ちの長距離型か

天皇賞(秋)組がウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナ、エピファネイア、ショウナンパンドラの5勝。この5頭にはG1勝ちと2200m以上の勝ち鞍があった。他の5勝は、スクリーンヒーローがアルゼンチン共和国杯1着、ローズキングダムが菊花賞2着、ジェンティルドンナが秋華賞1着、キタサンブラックが京都大賞典1着、シュヴァルグランが京都大賞典3着。全馬にG2以上の勝ち+2400m以上の勝ち鞍があった。

前走成績

前走G1で6着以内が基本。天皇賞と凱旋門賞からは巻き返し可

JRA勢の場合、前走1着馬が[3.3.6.13]。複勝率が48.0%と高いのが特長だ。前走2〜6着馬の成績が[7.5.1.44]。この組で連対した12頭中10頭が前走G1、11頭が前走5着以内、12頭すべてが勝ち馬から0.8秒以内に踏ん張っていた。前走7着以下だと[0.2.3.42]で、3着以内に来た5頭の前走は天皇賞(秋)か凱旋門賞だった。他のステップで大敗した馬の巻き返しは不可能。前走で1秒以上負けていた馬も[0.0.2.30]と苦戦必至だ。

天皇賞組の取捨

「天皇賞で人気になったが敗れた差し馬」が狙い目

過去10年で17頭が馬券に絡んでいる天皇賞(秋)組の取捨選択がポイント。天皇賞勝ち馬は[0.2.4.1]と意外に不振で、2〜6着馬が[5.2.1.19]、7着以下が[0.1.2.28]。天皇賞で5番人気以内だった馬が[5.3.5.15]、6番人気以下だと[0.2.2.33]。前走4コーナー9〜14番手だった馬が[4.2.2.21]だ。総合すると「天皇賞で5番人気以内。後方から差を詰めたが2〜6着に敗れた」というタイプがいたら、絶対に買っておきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。