2018年11月3日(土)

11R

2018年11月3日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第54回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3800、1500、950、570、380万円 |

レースの攻略アプローチ

騎手・厩舎・前走の場所

アベレージ的には西高東低のイメージ

デムーロ、ルメールを含む関西の騎手が[6.4.3.17]で勝率20.0%、関東の騎手は[4.6.6.86]で勝率3.9%と関西勢が優位。また関西馬が[6.5.7.40]で勝率10.3%、対して関東馬は[4.5.3.73]で4.7%。これまた西高東低となっている。前走で走った競馬場が北海道〜東京の東日本(地方除く)だと[4.7.4.85]で勝率4.0%、中京以西の西日本だと[6.3.6.27]で14.3%。これまた西高東低。関西色の強い馬を本命としたい。

前走の人気・着順・脚質

人気で先行して上位争いしてきた馬がいい

前走で連対していた馬が[7.9.6.71]で軸馬候補。なぜか前走6〜7着馬が[3.0.0.7]と好調、単穴だ。前走3〜5着+8着以下だと[0.1.4.37]と成績はガクン落ち込む。前走4コーナー5番手以内だった馬が[8.8.10.65]、6番手以下だと[2.2.0.49]。そして前走1〜3番人気だった馬が[7.9.8.63]。前走はある程度人気を集めて、レースでは先行し、連対または6〜7着。こうした馬が中心となりそうなレースだ。

性別・生まれ

牝馬と遅い生まれは苦戦覚悟

牝馬は[0.2.0.27]と10年間未勝利。前走レコード勝ちの4番人気アニメイトバイオと小倉2歳Sを勝ってきた1番人気レーヌミノルだけが2着に来た。それくらいの素質と高評価がなければ、切りだ。また2月生まれの馬が[5.1.2.14]と好調、3〜4月生まれが[4.5.6.77]で続き、1月生まれは[1.2.1.6]、5月以降に生まれた馬は[0.2.1.18]。あまり遅い生まれだと成長が追いついていない、ということかも知れない。

穴馬

父ミスタープロスペクター系の逃げ馬を探せ

単勝オッズ30倍以上で馬券に絡んだ馬は4頭。14番人気1着のゲットフルマークスは新馬戦逃げ切り、前走逃げて6着、今回逃げ切り。13番人気3着のテイエムオオタカは前走逃げ切り、今回も逃げた。9番人気2着のサドンストームは未勝利戦逃げ切り勝ち。11番人気で1着のセカンドテーブルは新馬戦2番手から圧勝、2戦目7着、今回逃げ切り。4頭中3頭が父ミスタープロスペクター系。こうしたプロフィールの馬を穴として考えたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。