IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2018年5月27日(日)

12R

2018年5月27日(日) | 2回東京12日 | 17:05発走

第132回目黒記念(GII)

芝・左 2500m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] ハンデ | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

レースの攻略アプローチ

ローテーション

勝つためには必要なローテーションがある

前走が天皇賞(春)、メトロポリタンS、大阪-ハンブルクC、新潟大賞典、ダイヤモンドSだった馬が合計で[9.4.6.68]、前走・芝2400mからの臨戦馬が[5.3.4.52]、以上のどちらかを満たす馬が[10.5.7.85]。どちらの条件も満たさない馬は[0.5.3.56]で2〜3着が精一杯。この組で馬券に絡んだ8頭中6頭はサンデーサイレンス系種牡馬の産駒、同じく6頭は前走で1〜4番人気に支持されていた点に留意したい。

前走成績

重賞なら前走の着順不問。天皇賞大敗も気にしなくていい

前走が国内・芝の重賞で1〜3着だった馬は[0.1.1.6]、4〜5着だと[1.1.2.7]、6着以下だと[4.2.2.51]と巻き返しも十分にありうる。いっぽう前走がオープン特別や条件戦の場合は、前走1着馬が[3.2.2.18]、2〜6着で[2.2.2.27]、7着以下だと[0.1.1.29]と前走成績と今回の成績が比例している。また前走で勝ち馬から1秒以上離されていた馬は[1.2.1.60]で、馬券に絡んだ4頭中3頭は天皇賞(春)組だった。

距離適性

2400m以上で勝ち負けできる実績と血統が必要

過去10年の勝ち馬10頭のうち9頭は芝2400m以上で勝利があり、2回以上3着以内に入っていた。該当しないキングトップガンも、2走前に大阪―ハンブルクCで2着、前走メトロポリタンSが0.2秒差6着と2400mで続けて好走していた。また勝ち馬の父は、早期引退のアグネスタキオンを除けば、マヤノトップガン、ディープインパクト、ステイゴールド、キングカメハメハと2400m以上のG1勝ち馬がズラリ。距離適性が重要なレースだ。

厩舎・年齢

狙いは関西馬。人気薄高齢馬の激走に注意したい

騎手は美浦勢が[5.5.6.80]、栗東勢+外国勢が[5.5.4.61]とほぼ互角だが、厩舎では美浦勢が[2.4.5.55]、栗東勢が[8.6.5.86]と西高東低だ。年齢別では4歳が3勝、5歳が2勝、6歳が2勝、7歳が2勝、8歳が1勝と散らばっている。ただし6番人気以下に限ると4歳が[0.0.2.10]、5歳が[0.3.1.20]、6歳が[2.0.1.29]、7歳以上が[3.0.2.47]と古豪の好走例が増える。人気薄高齢馬の激走には要注意だ。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。