2018年5月13日(日)

11R

2018年5月13日(日) | 2回東京8日 | 15:40発走

第13回ヴィクトリアマイル(GI)

芝・左 1600m | 天気:雨 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:10500、4200、2600、1600、1050万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

関東馬は4歳限定。穴馬は関東の騎手が乗った時限定

関東馬が[2.2.3.60]で勝率3.0%なのに対して関西馬は[8.8.7.88]で7.2%と、関西馬が優勢。関東馬2勝は4歳馬によるものだが、関西馬は4歳が4勝、5歳が2勝、6歳と7歳が各1勝と、高齢馬でも勝てるのがポイントだ。逆にジョッキーは、美浦所属が[7.4.6.70]で勝率8.0%、3番人気以内に限れば[3.0.1.5]、栗東所属+外国勢が[3.6.4.78]で勝率3.3%、3番人気以内では[1.4.2.14]。鞍上は関東勢が優位に立っている。

前走成績その1

遠征帰りの馬か、前走JRA重賞で5着以内が好走条件

海外遠征帰りの馬が[2.2.0.2]と優秀だ。前走がJRA重賞だった馬は[8.8.9.131]。このうち前走が5着以内だと[4.4.9.64]で勝率4.9%、6着以下でも[4.4.0.67]で勝率5.3%。ただし6着以下から巻き返して勝ったのは、このレース連覇のヴィルシーナとストレイトガール。原則としては「前走5着以内」が基本だ。出走数が多いのに不振なのは福島牝馬S組で[0.2.2.35]。前走が準オープン〜オープン特別という馬も[0.0.1.13]と苦しい。

前走成績その2

前走5番人気以内の先行タイプを重視したい

海外遠征帰りの馬を除くと、前走6番人気以下だった馬は[0.4.3.62]、前走5番人気以内だった馬が[8.4.7.84]。また前走4コーナーを3番手以内で回ってきた馬が[4.3.2.21]の勝率13.3%と上々で、逆に4コーナー10番手以下だった馬は[2.1.1.46]の勝率4.0%、勝ったのはストレイトガールとアドマイヤリードだけ。今回10番人気以下で馬券に絡んだ7頭のうち4頭は4コーナーを4番手以内で通過している。先行する穴馬には要注意だ。

馬体重・間隔

小型馬も大型馬も不振。順調に使われているかがカギ

馬体重が440kgに満たない馬は[1.2.0.23]、逆に500kgを超す大型馬も[0.2.1.11]と勝ち切れていない。前走から10kg以上も馬体重を減らした馬は[0.0.1.10]、10kg以上も増やした馬は[0.2.0.12]だ(海外遠征帰りの馬は除く)。前走からの間隔は、3週以内だと[0.2.2.45]、10週以上でも[0.1.0.11]。牝馬限定戦らしく、順調なローテーションで使われていて、体調にも問題なさそうな馬が好成績を残しているレースだ。

血統・生産者

ヘイルトゥリーズン系&ノーザンファーム生産馬が素質を発揮

サンデーサイレンス系を含むヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[8.6.7.89]で勝率7.3%、1〜3着独占も4回あった。それ以外の系統は[2.4.3.59]で勝率は2.9%。また6番人気以下に限ると、ヘイルトゥリーズン系が[3.2.4.64]、それ以外が[0.4.1.50]だ。3着以内馬のべ30頭のうち、父か母父にヘイルトゥリーズンの血を持つ馬が25頭もいる。ノーザンファーム生産馬が[5.4.2.26]と絶好調である点も覚えておきたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。