sportsnavi

2018年4月22日(日)

11R

2018年4月22日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第53回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の距離

芝1800m〜2000mを使ってきた馬が軸

前走が芝1800mだった馬は過去10年で[7.7.4.50]。このうち前走3着以内なら[7.4.3.25]で主軸候補となる。前走が芝2000mだった馬は[2.2.2.44]で1800m組より率は落とすが、軽視は禁物の存在。この2つ以外のローテーションだと[1.1.4.51]と苦しくなり、連対したのはアネモネS1着のチェッキーノと白菊賞1着のアグネスワルツだけ。どちらもマイル戦で2連勝中だった。前走がダートだと[0.0.0.7]だから無視できそうだ。

前走の人気・着順

前走で1〜2番人気&4着以内確保が勝利のための条件

前走で1番人気に推されていた馬が[5.1.2.20]、2番人気だった馬が[3.2.2.25]と好調。また前走4着以内に入っていた馬が[10.7.6.85]と、ここで勝つための必須条件となる。前走芝1800m・1番人気・1〜3着という馬なら[4.0.1.2]と信頼感は高い。逆に前走が4番人気以下だと[1.6.5.85]と2〜3着が多くなり、また1秒以上負けていた馬は[0.0.2.25]で、大敗からの巻き返しは難しい状況だ。

前走からの間隔・馬体重

ローテーションと馬体の維持が勝ち負けのカギ

前走から間隔4〜7週という馬が[8.9.5.77]。特に[3.3.1.18]のフラワーC組、[2.2.1.10]の君子蘭賞組、おおむね1か月の間隔で使われている馬の成績が上々だ。ここを目標に常識的なローテーションで進んできた馬を狙いたい。逆に間隔2週の強行軍は[0.0.0.18]と苦しい。前走が東京競馬場(主に1〜2月のレース)だった馬も[0.0.4.14]と苦しみ、前走から10kg以上馬体を減らした馬は[0.1.2.17]とガス欠を起こしている。

実績

マイル〜中距離で人気になり勝った経験が重要

芝マイル〜2000mのレースを1番人気で勝ったことのある馬が[8.4.3.37]で勝率15.4%、連対率23.1%とハイアベレージを残している。この条件を満たさない馬は[2.6.7.108]と2〜3着に負けることが増え、勝率1.6%、連対率6.5%と率的にも苦戦。この組で勝った2頭も、フラワーC2着のレッドアゲート、1800mを2連勝してきたモズカッチャンで中距離実績はあったといえる。短距離タイプや人気で勝ったことのない馬は割り引きたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。