sportsnavi

2018年8月19日(日)

11R

2018年8月19日(日) | 2回札幌2日 | 15:45発走

第54回札幌記念(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(特指) 定量 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

印を打つべきは関西馬&関西の騎手

過去10年、関西馬が[7.5.7.69]、関東馬が[3.5.3.45]、関西の騎手が[7.5.8.61]、関東の騎手が[3.4.2.49]と、厩舎もジョッキーもやや西高東低の気配。とりわけ「関東の騎手が乗った関東馬」は[1.3.1.31]と苦しんでいる。1〜3番人気に限定すると関西馬が[4.2.4.11]、関東馬が[0.3.0.6]、関西の騎手が[4.2.4.9]、関東の騎手が[0.2.0.7]と関東勢の詰めの甘さがさらに目立つようになる。アタマは人気サイドの関西勢がベストだ。

年齢・性別

穴を狙うなら6歳以上から。牝馬の健闘も目立つ

3歳馬が[1.1.1.8]で勝率9.1%、4歳馬が[3.1.1.23]で10.7%、5歳馬が[3.4.5.28]で7.5%、6歳馬が[3.1.1.25]で10.0%と、ここまではほぼ横並び。7歳以上になると[0.3.2.30]と2着が精一杯だ。6番人気以下の穴馬は10年で8回馬券に絡んでいるが、うち6頭は6歳以上だったから、穴を狙うなら古豪か。また牡馬・セン馬の[8.9.8.97]、勝率6.6%に対して牝馬は[2.1.2.17]の勝率9.1%と大健闘。牡牝の差はないといえる。

ローテーション

前走G1の格上馬か、前走好走のG3組か

過去10年、前走が国内G1だった馬は[3.4.6.19]で勝率9.4%。このうち前走2ケタ着順だと[0.1.4.6]、前走10番人気以下だと[0.0.3.9]と信頼度は低くなるが、前走9着以内なら[3.3.2.13]、前走9番人気以内なら[3.4.3.10]と安定感を増す。前走G3組も[7.3.4.58]の勝率9.7%と遜色なし。こちらも前走10着以下だと[0.0.0.16]だから、前走で上位に来ているかどうかがカギ。いずれにせよG1組とG3組の戦いである。

前走・今回のレースぶり

前走は後方、今回は早めに動くタイプが狙い

過去10年の勝ち馬は、逃げ切りが2頭、4コーナー2〜4番手の先行馬が5頭、6〜7番手の差し馬が2頭。先行勢優位、追込みは届かずという傾向だ。ただし勝ち馬10頭のうち前走で逃げていたのはトウケイヘイローだけ、4コーナー3番手以内もヤマニンキングリーとアーネストリーだけ。残り7頭は4コーナー6番手以下、うち5頭は4コーナー10番手以下だった。前走は控えたが今回は早めに動くというタイプが勝利をつかむレースだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。