2017年4月9日(日)

11R

2017年4月9日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第77回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

レースの攻略アプローチ

枠順

中ほどの枠が中心、外枠は2着、内の馬たちは厳しい

1〜2枠は[0.0.2.38]で10年間連対なし。キャリアの少ない牝馬による多頭数レースなので、内で馬ゴミに揉まれると力を発揮できないということだろう。3〜5枠は[6.2.3.48]で勝率10.2%。1〜2番人気に限れば[4.0.0.4]で、勝つか消えるかの両極端だ。6〜8枠は[4.8.5.63]。2着3着が多く、1〜2番人気に限れば[1.6.0.4]。連軸ならのタイプを選びたい。ただし勝率5.0%だから3〜5枠の半分しか勝機はない。

前走成績

関西トライアル上位馬がアタマ、それ以外が2着候補

前走がチューリップ賞かフィリーズレビューで、かつ3着以内に入っていた馬の成績は[8.2.4.42]となり、勝率は14.3%。この条件に該当しない馬たちは[2.8.6.107]で、2着が多く、勝率はわずか1.6%だ。エルフィンS1着のマルセリーナ、チューリップ賞4着のジェンティルドンナが桜花賞を勝っているが、どちらも2番人気と評価の高い馬だった。常識的には「関西のトライアル重賞で3着以内」という馬が桜花賞勝ち馬の条件となる。

騎手

関西の騎手で、乗り替わりのない馬が有力

関西の騎手と外国人騎手を合わせて[9.7.9.93]、関東の騎手は[1.3.1.56]。関東の騎手で勝ったのはアパパネの蛯名正義、2着が蛯名、内田博、戸崎だから、リーディングを争うクラスでないと勝ち負けは苦しい。6番人気以下に限ると関東勢が[0.1.0.43]、関西+外国人が[2.1.5.77]で、穴馬を持ってくるのも後者だ。また、前走と同じ騎手が乗った馬は[9.7.6.99]、乗り替わりがあると[1.3.4.50]。乗り替わりは原則としてマイナスだ。

実績

重賞実績とマイル実績、ここまでのキャリアにも注意

過去10年の出走馬179頭中、中央の重賞で連対したことのある馬107頭の桜花賞成績は[8.7.6.86]。芝マイル戦で連対したことのある馬110頭の桜花賞成績は[10.9.6.85]。重賞実績とマイル実績は重視したいファクターだ。また桜花賞までのキャリアが5戦以内の馬が[9.7.7.73]で、キャリア4戦の馬が5勝で最多勝。6戦以上した馬は[1.3.3.76]で勝ったのは6戦のレジネッタだけ。使い過ぎた馬に勝機はなさそうだ。

血統

父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系が必勝配合

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[7.7.6.70]、勝率7.8%で他の系統を一歩リード。過去10年で1・2フィニッシュも5回あり、1〜3番人気なら[6.4.0.9]とさらに信頼度は増す。母父の系統別成績は[7.3.4.49]で勝率11.1%のノーザンダンサー系種牡馬が断然。こちらも1〜3番人気で[6.3.0.7]とさすがの成績だ。父サンデーサイレンス系×母父ノーザンダンサー系の配合は[6.3.3.30]で勝率14.3%なので、ぜひとも狙いたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。