2017年1月22日(日)

11R

2017年1月22日(日) | 1回中京4日 | 15:25発走

第34回東海テレビ杯東海ステークス(GII)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

レースの攻略アプローチ

人気・オッズ

人気サイドと人気薄をバランスよく組み合わせたボックスで勝負

1番人気は[2.1.2.5]、2番人気は[3.1.1.5]、3番人気は[1.3.1.5]で、いずれも複勝率は50.0%。[3.0.1.6]で複勝率40.0%の4番人気を含めて、上位人気はどこからでも買えそう。単勝オッズでいうと6.9倍以下の馬が[9.3.4.16]だから、この範囲にいる馬が軸となる。ただし8番人気以下も[1.4.3.72]、単勝オッズ15倍以上の馬が[1.5.4.87]と穴馬が2〜3着に来ることも多い。人気馬+人気薄のボックスがベターな買い方だろう。

年齢・所属

脂の乗った5歳勢が軸。騎手・厩舎とも関西がベターだ

年齢別勝率は、4歳が[1.1.1.28]で3.2%、5歳が[7.4.8.30]で14.3%、6歳以上が[2.5.1.60]で2.9%。5歳勢が完全に優勢で古豪は2着が多い状況だ。また関東馬は[0.4.3.21]と10年間未勝利で、勝つのは[10.6.7.96]の関西馬。騎手も、関東勢の[1.4.3.25]に対して関西勢(ルメール含む)が[9.5.7.87]とリード。安定感に勝る「関西の5歳勢、乗っているのも関西のジョッキー」というタイプを中心に馬券を組み立てるべきレースだ。

前走内容

中央の重賞で人気になるだけの実績を持つ馬から狙いたい

前走が重賞(地方含む)だと[7.7.7.63]、オープン特別だと[3.2.1.43]、条件戦だと[0.1.2.12]。中でも「前走が中央の重賞で5着以内」というタイプが[5.1.4.16]、東京大賞典組が[2.1.0.2]と上々の成績を残している。前走がダート1800mのJRA重賞だった馬が[5.5.5.42]なので、東京大賞典組以外ならこれが中心。また前走1〜3番人気だと[7.4.5.34]と有力で、4番人気以下だと[3.6.5.85]と惜敗が多くなる点にも注意だ。

ダート実績

中央のオープン〜重賞、とりわけG1での実績が重要

過去10年の勝ち馬10頭すべてが中央のダートで2勝以上をあげていて、さらに10頭とも中央のオープンまたは重賞の勝ち鞍を持っていた。ヤマトマリオンだけは芝での重賞勝ちだったが、その他の9頭はダート1800m以上での勝利だった。また近4年の勝ち馬のうち3頭は中央または交流G1の勝ち馬だ。ダート中距離でのオープン〜重賞実績が高ければ高いほど、このレースで有力と考えていいのではないだろうか。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。