sportsnavi

2017年9月18日(月)

11R

2017年9月18日(月) | 4回中山5日 | 15:45発走

第71回朝日杯セントライト記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5400、2200、1400、810、540万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

騎手・厩舎

騎手も厩舎も東高西低のイメージ

関東の騎手が[9.8.7.102]、関西の騎手(ルメール含む)が[1.2.3.29]。1〜3番人気に限ると関東が[6.5.1.8]、関西が[0.1.2.7]なので、信頼感としては明らかに関東勢が上だ。厩舎の東西別でも、美浦勢が[9.6.5.83]、栗東勢が[1.4.5.48]と成績に差があり、やはり1〜3番人気に限ると、美浦勢が[6.3.2.8]、栗東勢が[0.3.1.7]という数字。馬券の軸として狙うべきは「関東の騎手が乗る人気サイドの関東馬」ということになるだろう。

前走の結果

前走で走った場所・レースの格・着順には要注意

前走が東京競馬場だった馬は[6.4.5.23]、新潟だと[2.4.2.37]、福島からが[2.1.2.24]で、この3パターン以外から勝ち馬は出ていない。また前走がJRA重賞だった馬が[8.6.7.40]と安定し、しかも前走の着順が1〜2着なら[4.1.2.6]と信頼度アップ。前走が500万〜1000万下だった馬は、前走が1〜3着なら[2.2.3.55]、前走4着以下だと[0.2.0.19]なので、昇級馬の取捨選択は「前走3着以内」がカギとなりそうだ。

馬体重

馬体重480kgが、勝ち切るか惜敗するかの分岐点

当日の馬体重が480kg未満の馬は[3.7.4.70]と2着に惜敗するケースが多い。小型〜中型馬は連軸には推しやすいが、単勝、あるいは3連単のアタマとしては信頼度の低いタイプだ。逆に480kgを超えていた馬の成績は[7.3.6.64]で、こちらは連軸というよりアタマで勝負したいタイプ。480kg以上で、かつ前走がJRA重賞だと[5.2.4.23]と優秀で、また前走比プラス4kg以上と馬体を増やしてきた馬も[7.1.4.41]と好調だ。

血統

父、母父ともサンデーサイレンス系がレースの中心だ

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[8.3.7.67]、サンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系が[2.4.1.23]。つまり勝ち馬はヘイルトゥリーズン系に限られている。それ以外から馬券に絡んだ5頭のうち3頭が父キングカメハメハ。また3頭が母父サンデーサイレンス、1頭が母父スペシャルウィークだった。キングカメハメハ産駒と母父がサンデーサイレンス系というタイプも無視できない存在だ。
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。