2017年10月29日(日)

11R

2017年10月29日(日) | 4回東京9日 | 15:40発走

第156回天皇賞(秋)(GI)

芝・左 2000m | 天気:雨 | 馬場:不良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:15000、6000、3800、2300、1500万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走成績

毎日王冠・宝塚記念・その他G2の上位人気好走馬が有力

毎日王冠組[5.4.4.46]、宝塚記念からのぶっつけ組[2.3.1.14]、その他のG2[3.2.3.55]の3つが代表的なローテーション。このローテーションで前走1〜2番人気なら[7.5.6.26]、3〜9番人気だと[3.4.2.76]、10番人気以下だと[0.0.0.13]。同じく前走1〜2着だと[8.4.6.37]、3〜9着だと[2.5.2.59]、10着以下だと[0.0.0.19]。3大ローテーションで人気になって連対も果たした馬が最有力といえる。

馬齢

4歳の人気馬と5歳勢が中心、6歳以上は苦戦

3歳馬は過去10年間で[0.2.2.9]と未勝利。3着以内の4頭は1〜4番人気だったので、人気サイドでのみ狙いたい。4歳馬が[4.6.2.30]、1番人気に限れば[3.1.0.0]なので、信頼感は抜群だ。5歳勢も[5.2.4.35]と優秀だが、こちらは1〜3番人気で[2.1.3.3]、4番人気以下で[3.1.1.32]と穴馬もよく走ってくれる。6歳以上の古豪になると[1.0.2.69]。勝ったのはカンパニーだけで、かなり苦しくなってくる。

騎手・厩舎

ジョッキーも厩舎も西高東低。外国人騎手には要注意

関東の騎手は[2.5.2.64]で勝率2.7%。3番人気以内で[0.2.0.3]と期待を裏切っている。関西の騎手(外国人除く)が[4.3.5.61]だが、こちらも勝率は5.5%と並の数字だ。信頼度の点では[4.2.3.17]の外国人騎手だろう。厩舎では、関東馬が[2.4.3.52]の勝率3.3%に対して関西馬は[8.6.7.89]で勝率7.3%と優位。1〜3番人気に絞ると関東馬が[1.2.1.6]、関西馬は[4.3.5.8]と、関西馬の安定感が目立つ。

馬主・生産者

社台系生まれ&個人馬主所有馬に要注目

生産者成績を見ると、ノーザンファームが[4.4.3.32]、社台ファームが[2.5.2.29]など、社台系牧場が優秀な成績を残している。出走メンバーの半数以上を占めるので上位に来ることが多いのも当然だが、超強力な勢力であることは事実。ところが馬主別成績では、サンデーレーシングが[1.4.1.10]、社台レースホースが[0.0.2.8]など社台系の勝ち星は意外と少ない。社台系牧場出身、馬主は他の個人、というタイプが狙い目になりそうだ。

性別・馬体重

牝馬は人気馬だけ。大幅な馬体重変動は危険

牝馬は[2.3.1.6]。馬券に絡んだのはウオッカ、ダイワスカーレット、ブエナビスタ、ジェンティルドンナといった名牝で、すべて1〜2番人気だった。また、この4頭の馬体重は前走比マイナス4kg〜プラス2kg。牡馬も含めて10kg以上減っていた馬は[0.0.0.11]、4kg以上増えていた馬は[2.2.3.49]で、勝ったカンパニーとモーリスはプラス4kgだった。前走から大きく馬体重を変動させた馬は割り引いて考えていいだろう。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。