2017年5月28日(日)

10R

2017年5月28日(日) | 2回東京12日 | 15:40発走

第84回東京優駿(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:20000、8000、5000、3000、2000万円 |

レースの攻略アプローチ

前走成績

素直に皐月賞組から馬券を組み立てるのが吉

過去10年、皐月賞からの直行組が[7.6.5.61]と中心的存在。皐月賞4着以内が[6.4.3.22]で一応の目安となる。皐月賞勝ち馬が日本ダービーで1番人気になれば[2.1.2.1]。大敗したのは不良馬場だった2009年のアンライバルドだけだ。NHKマイルC組が[1.1.1.28]、京都新聞杯組が[1.1.1.19]で、以上3つのレース以外からだと[1.2.3.40]、勝ったのは例外中の例外といえるウオッカだけ。別路線組は割り引いて考えたい。

人気・オッズ

連対候補は人気サイド+3着に穴という決着

1番人気が[4.1.2.3]、2〜5番人気が[5.6.2.27]、6番人気以下が[1.3.6.118]。単勝オッズでいうと10倍未満が[8.4.3.22]、10倍〜30倍未満が[1.4.5.33]、30倍以上が[1.2.2.93]となる。7番人気・単勝31.9倍で勝ったエイシンフラッシュは皐月賞3着馬で、この年は「史上最強」と呼ばれた世代だったゆえ人気を落としていた。あくまでイメージとしては、連対するのは人気サイド、3着には穴馬が来ることもある、といったところだ。

枠順

内枠有利。外に入った馬は軽視したい

1枠の[5.2.1.12]を筆頭に、1〜4枠の合計が[8.5.6.60]で勝率10.1%。逆に5〜8枠は[2.5.4.88]で勝率は2.0%だ。1〜3番人気に限ると内枠に入った場合は[7.1.2.6]の勝率43.8%、外枠だと[2.2.1.9]で勝率14.3%、惨敗するケースも目につく。馬番でいうと1〜5番ゲートが[8.2.4.36]、11番ゲートから外は[1.4.3.71]。狙うなら内に入った人気サイド、外枠に入った場合は内枠よりも評価を落とすべき、という傾向が出ている。

騎手・厩舎

騎手・厩舎とも西が優位。乗り替わりがあると2着まで

関西馬が[8.7.6.100]で勝率6.6%、関東馬が[2.3.4.48]で3.5%と西高東低。6番人気以下の穴馬に限ると、関西馬が[1.2.4.76]、関東馬が[0.1.2.42]となっている。騎手も、関西所属(デムーロとルメール含む)が[7.7.5.79]、関東所属が[3.3.4.60]と関西優位。また乗り替わりの有無も重視すべきで、前走と同じ騎手だと[10.7.6.96]、乗り替わりがあると[0.3.4.52]。鞍上が替わると2着まで、という傾向にあるのだ。

距離実績

1800m以上の重賞勝ち経験を持つことが必須条件

3歳G1の中でも格の高い日本ダービー。また青葉賞組を除けばほとんどの馬が初体験となる2400mが舞台だ。当然ながら重賞実績・距離実績は重要となる。「芝1800m以上の重賞勝ち馬」の成績は[9.10.6.54]、逆に「1800m以上の重賞勝ちナシ」だと[1.0.4.94]。後者で日本ダービー馬となったのはウオッカだけだ。マイルまでしか実績のない馬、特に重賞実績で劣る馬は3着が精一杯と考えるのが妥当だろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。