2016年12月18日(日)

11R

2016年12月18日(日) | 5回阪神6日 | 15:40発走

第68回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 |

レースの攻略アプローチ

枠順

真ん中より内の枠が明らかに有利

過去10年、1枠〜4枠に入った馬が[7.5.5.62]で勝率8.9%、連対率15.2%。いっぽう5枠〜8枠の馬は[3.5.5.69]で勝率3.7%、連対率9.88%。1〜3番人気に限れば、内の4枠が[6.1.3.6]で勝率37.5%、外の4枠は[1.2.2.9]で勝率7.1%だ。馬番でいうと、1〜6番だけで[6.5.4.43]と馬券に絡んだ馬の半数を占める。昨年は上位3頭とも外枠の馬だったが、一昨年は1着が1枠2番、2着が3枠6番。軸は内に入った馬から選びたい。

前走クラス・着順

前走からの連勝を狙える一戦

前走1着馬が[8.4.8.60]で主力。このうち前走が重賞だと[3.3.4.12]、500万下だと[4.1.4.29]で、このどちらかが軸。前走2着馬は[0.3.1.23]と今回も勝負弱さを露呈。前走3〜4着馬は[2.2.1.17]で、ここから巻き返して連に絡んだ4頭はいずれも前走が重賞だった。オープン特別や条件戦で負けているようではダメだ。前走5着以下の馬は[0.1.0.31]。この組は人気薄になっていることがほとんどだが、穴馬としても狙いにくい状況だ。

前走人気

前走でも人気になっていた馬を選ぶ

前走1番人気だった馬が[7.2.5.25]で勝率17.9%。前走でも主力視されていた馬が、ここでも好調だ。前走2〜5番人気だと[2.8.5.64]で、連軸か対抗格という評価。前走6番人気以下だと[1.0.0.42]とかなり苦戦。こから出た唯一の好走馬はグランプリボスで、前走は京王杯2歳Sの7番人気1着だった。前走人気薄でも重賞を勝つ力があるなら通用するが、人気の面でも成績の面でも劣る馬には、朝日杯で苦しい戦いが待っていそうだ。

コース・距離経験

東京・新潟やマイル以上の経験が必須

前走が東京だった馬は[7.7.5.69]、新潟だった馬は[2.0.1.0]。東京か新潟で1着経験のある馬は[9.4.5.45]の勝率14.3%と優秀だ。東京・新潟以外からの臨戦過程だと[1.3.4.62]、両競馬場とも未経験という馬は[1.3.4.41]。また1600m以上を経験していない馬は[0.4.1.41]と2着が精一杯。今後、阪神でのデータが積み重なって異なる傾向となる可能性もあるが、現時点では直線の長い競馬場での追い比べ&マイル以上の経験が大切だ。

血統

母父サンデーサイレンスが最新のトレンド

種牡馬の系統別成績ではノーザンダンサー系が[3.4.2.19]、勝率10.7%、連対率25.0%と安定している。また母父サンデーサイレンスという馬が[6.3.2.24]で勝率17.1%のハイアベレージを誇る。残る4頭の勝ち馬の母父は、ドリームジャーニー(母父メジロマックイーン)以外はすべて海外種牡馬(Grand Slam、Running Stag、Unbridled s Song)だ。母父がノーザンダンサー系種牡馬だと[0.4.4.44]なので、アタマからは買いづらい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。