2016年10月10日(月)

11R

2016年10月10日(月) | 4回京都3日 | 15:35発走

第51回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

騎手・調教師

関東の騎手の遠征には要警戒も、馬は西高東低

この10年の騎手東西別成績は、美浦のジョッキーが[2.3.2.8]で勝率13.3%、栗東のジョッキー(日本人のみ)が[8.7.8.67]で勝率8.9%、外国人と地方騎手は合わせて[0.0.0.4]。関東の騎手が遠征してきたら要警戒だろう。いっぽう厩舎の東西別では、関東馬の[0.0.2.14]に対して関西馬が[10.10.8.64]で完全な西高東低。6番人気以下に絞ると関東馬が[0.0.0.9]、関西馬が[1.5.3.40]なので、穴馬券を演出する可能性も関西馬が高いようだ。

性齢

5歳勢の成績が優秀。そこから4歳と高齢馬に流したい

年齢別に見た場合の成績トップは5歳勢で[7.1.4.23]、勝率20.0%と優秀だ。単勝1840円のメイショウカンパク、牝馬ながら勝利したスイープトウショウとメイショウベルーガ、そして単勝万馬券のヒットザターゲットは、いずれも5歳馬だった。4歳勢が[3.5.1.16]と食い下がるが、6歳以上は[0.4.4.42]で2〜3着まで。軸・アタマは5歳馬から選び、4歳勢が相手、6歳以上の高齢馬がヒモ穴、という戦略が成り立ちそうだ。

重賞経験・ステップ

中距離重賞連対以上の成績と、前走が重賞であることが必須

前走がG1だった馬(海外含む)が[4.5.5.22]、G2だった馬が[2.3.2.19]、G3だった馬が[4.0.1.21]で、条件戦〜オープン特別からの臨戦だと[0.2.2.19]。馬券は前走が重賞だった馬中心に組み立てるのがセオリーだろう。また勝ち馬10頭中8頭は2000m以上の重賞勝ち鞍を持っていた。該当しない2頭も、メイショウカンパクには2000m重賞の2着、ラストインパクトには1800m重賞1着があった。中距離以上の重賞実績も重視したい。

馬体重・枠

馬体重は「中ほど」、枠の有利不利はナシ

勝ち馬のうち馬体重最軽量は468kgのインティライミとローズキングダム、最重量は514kgのヒットザターゲット。この範囲内の馬体重だと[10.7.4.52]となっていて、軽すぎたり重すぎたりすると2着まで。また前走より馬体重増だと[8.7.7.45]、馬体減〜維持という馬は[2.3.3.36]と伸び悩んでいる。枠順では、1〜4枠が[4.3.5.33]で勝率8.9%、複勝率26.7%、5〜8枠が[6.7.5.48]で勝率9.1%、複勝率27.3%と、ほぼ互角だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。