IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年9月25日(日)

11R

2016年9月25日(日) | 4回中山6日 | 15:45発走

第62回産経賞オールカマー(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6700、2700、1700、1000、670万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走成績

前走は中距離重賞であることがマスト。着順は気にせずともOK

前走がJRAのG1だった馬が[5.5.2.9]、G2からが[3.1.3.22]、G3からだと[2.3.4.49]、それ以外の馬は[0.1.1.34]。単純に「前走の格が高いほど好走確率は上がる」といえる。また前走が2000mだった馬が[6.3.5.58]、2200mだった馬が[4.3.1.6]と、勝ち馬10頭すべてが該当する。2000mまたは2200mなら前走6着以下でも[4.1.1.35]なので、前走で大敗していてもあまり気にしなくていいだろう。

距離・重賞実績

中距離の重賞で好走した実績の持ち主がベター

勝ち馬の当レースまでの実績を見ると、バランスオブゲームは中距離を中心に重賞6勝、マツリダゴッホはAJC杯1着、シンゲンは重賞2勝、アーネストリーは宝塚記念勝ち馬、ナカヤマナイトは共同通信杯1着、マイネルラクリマは重賞2勝、ショウナンパンドラは秋華賞勝ち馬。2013年の勝ち馬ヴェルデグリーン(中山2000mで3勝)を除けば、中距離重賞のタイトルを持つ実績馬たちばかりだったといえる。

脚質

逃げ・先行タイプが勝ち、差し馬は2着・3着に甘んじる

過去10年の勝ち馬のべ10頭のうち8頭は4コーナーで3番手以内に押し上げていた。4コーナーで3番手以内にいた馬の成績が[8.3.2.25]、4番手以下だと[2.7.8.88]だから、先行馬が1着、差し馬が2〜3着というイメージだ。特に4コーナー10番手以下だと[0.0.0.41]とサッパリ。後ろからでは届かず、差し馬が逃げ・先行タイプを捉えられずに終わるというパターンを念頭に置きながら予想を組み立てるべきだろう。

厩舎と枠

勝つのは外枠・関東馬、2着には内枠・関西馬という関係

関東馬が[8.3.6.72]で勝率9.0%、連対率12.4%なのに対し、関西馬は[2.6.4.42]で勝率3.7%、連対率14.8%。連対率には差がないのに勝率は関東馬がかなり上。勝ち切る関東馬+2着に関西馬という関係が出来上がっている。また5〜8枠が[7.3.5.62]の勝率9.1%、連対率13.0%で、1〜4枠が[3.7.5.52]の勝率4.5%、連対率14.9%。連対率には差がないのに勝率は外優位。勝ち切る外枠と2着に甘んじる内枠という図式である。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。