2016年2月28日(日)

11R

2016年2月28日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第90回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

レースとの相性

複数回好走する馬や血統が多い。昨年までの結果には要注意

この10年間を振り返ると、カンパニーが2勝、シルポートが7番人気2着&8番人気3着、エアシェイディとロゴタイプも2着&3着。ロゴタイプの父ローエングリンもこのレースで2勝・3着1回だった。オペラハウス産駒の1・2フィニッシュもあったし、ハーツクライ産駒が2連勝中。つまりは特定の馬や血統が複数回に渡って好走するケースが目立つのだ。前年までの上位馬や縁のある馬の子が出てくれば忘れずに狙いたい。

血統

父・母父どちらかにノーザンダンサーの血が必要

ノーザンダンサーの血が入っている馬と入っていない馬とでは成績が異なるレース。父か母父、どらちかがノーザンダンサー系という馬は[6.5.6.45]で勝率9.7%、複勝率27.4%。6番人気以下でも[3.2.1.36]と穴馬の好走も可能だ。いっぽう父・母父ともノーザンダンサー系でない馬は[4.5.4.59]で勝率5.6%、複勝率18.1%と数字は落ち、6番人気以下では[0.1.0.41]と不振だ。ノーザンダンサーの血が大きな意味を持つレースといえる。

枠順

内枠が有利。外枠に入った穴馬に激走は期待できない

1〜4枠が[7.4.4.43]で勝率12.1%、5〜8枠が[3.6.6.61]で勝率3.9%。馬番でいうと1〜7番が[8.6.5.51]で勝率11.4%、8番から外が[2.4.5.53]で勝率3.1%だ。6番人気以下に限ると、7番より内が[3.2.0.37]、8番より外が[0.1.1.40]。大荒れになった2010年も13番人気1着のトーセンクラウンが2枠3番、12番人気2着のテイエムアンコールが3枠5番だった。軸馬も穴候補も内枠から選び、外の各馬は“押さえ と考えたい。

馬場と人気

良・稍重馬場なら人気サイド、重・不良に悪化すれば穴狙い

1〜4番人気は良・稍重なら[6.6.5.11]で勝率21.4%、複勝率60.7%なのに対し、重・不良だと[1.1.2.8]で勝率8.3%、複勝率33.3%と信頼度が落ちる。逆に5番人気以下は、良・稍重なら[1.1.2.63]で勝率1.5%、重・不良だと[2.2.1.22]で勝率7.4%。馬場が渋れば穴狙いが成功しやすくなるレースだ。ただし馬場状態にかかわらず、単勝オッズ40倍以上の人気薄は[0.0.0.45]と激走の望みも薄いという点は覚えておきたい。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。