IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2016年4月24日(日)

11R

2016年4月24日(日) | 2回東京2日 | 15:45発走

第51回サンケイスポーツ賞フローラステークス(GII)

芝・左 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の距離

芝1800m〜2000mを使ってきた馬が軸

前走が芝1800mだった馬は過去10年で[7.7.4.49]。このうち前走3着以内なら[7.4.3.22]で勝率19.4%と、断然の主軸候補だ。前走が芝2000mだった馬も[3.2.2.45]で、勝率では1800m組に及ばないながらも無視できない存在。この2つ以外のローテーションだと[0.1.4.50]と、かなり苦しくなる。連対したのは逃げて2連勝中だったアグネスワルツだけだ。前走がダートだった馬は[0.0.0.6]だから無視していいだろう。

前走の人気・着順

前走で1〜2番人気&5着以内確保が勝利のための条件

前走で1番人気に推されていた馬が[6.1.2.26]、2番人気だった馬が[2.2.1.18]と、前走の評価が高かった馬は好調。また前走5着以内に入っていた馬が[10.7.8.94]と、ここで勝つには前走で掲示板を確保していることが大前提となる。前走の着差に注目すると、タイム差なしで勝っていた馬は[0.0.0.16]だから連続しての好走は厳しそう。また1秒以上負けていた馬も[0.0.2.23]で、大敗からの巻き返しは難しい状況だ。

脚質

逃げ・先行タイプより差し・追込みタイプがベター

過去10年間、4コーナーを先頭で回ってきた馬は[0.2.1.7]と、このレースを逃げ切った馬はいない。前走の位置取りを参考にすると、4コーナーを先頭〜4番手で回ってきた先行タイプの馬は、このレースで[2.5.6.55]と2〜3着に甘んじることが多いという印象が強い。いっぽう前走4コーナー7番手以下だった馬は[7.3.3.62]となっている。直線の長い東京競馬場、素直に差し・追込みタイプが有利と考えるべきだろう。

前走からの間隔・馬体重

ローテーションと馬体の維持が勝ち負けのためのカギ

前走から中3〜4週という間隔の馬が[6.7.5.64]と、ここを目標に常識的なローテーションで進んできた馬が安定している。特に[3.3.1.25]のフラワーC組、[2.1.1.11]の君子蘭賞組には要注意だ。また馬体重460kg未満の馬が[9.4.6.96]と小さめの馬が切れ味を生かしている印象。逆に460kg以上の馬は[1.6.4.48]と、2〜3着に甘んじる。ただし前走から10kg以上も馬体を減らした馬は[0.0.2.19]とガス欠を起こしている。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。