sportsnavi

2015年4月11日(土)

11R

2015年4月11日(土) | 2回阪神5日 | 15:35発走

第58回サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(GII)

芝・右 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系4歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5300、2100、1300、800、530万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎と騎手

トレーナーもジョッキーも関西勢が優位

関西馬が[7.7.9.84]で勝率6.5%、関東馬が[3.3.1.32]で勝率7.7%。関東馬がアベレージでは少しだけ上だし、2013年にはサウンドオブハートとイチオクノホシの1・2フィニッシュ。ただし関東馬の3勝のうち2勝はジョリーダンス1頭で稼いだもの。数字の見た目以上に関西馬有利のレースかも知れない。大きな差が出ているのは騎手の東西所属別成績で、関西の騎手の[10.7.8.93]に対して関東の騎手は[0.2.0.19]と10年間未勝利だ。

前走成績

前走3着以内馬&昇級馬に注目

荒れるレースではあるが、前走1〜3着馬が[9.5.3.41]と、勝つのは前走でキッチリと好走していた馬に限られる。唯一2009年にジョリーダンスが前走6着から巻き返して勝っているが、2007年に一度このレースで勝利していた。よほどこの舞台が向く馬だったのだろう。また4月開催・距離1400mとなった2006年以降に限れば、前走が準オープンだった馬が[4.1.1.26]で勝率12.5%と、昇級馬の活躍が目立つレースになっている。

前走距離

スプリント色が強くなった。軸馬はスピード型から選べ

4月開催・距離1400mとなった2006年以降、前走が芝1200m戦という馬が[3.0.1.19]で勝率13.0%、前走が芝1400mだった馬が[4.2.3.22]で勝率12.9%と好調。逆に芝1600mからの臨戦だと[1.5.4.31]で勝率2.4%、芝1800m以上からだと[1.2.1.16]で勝率5.0%。完全にスプリンター寄りのレースにシフトしているといえそうだ。勝つのは短距離馬で、マイルからの臨戦だと2着が多い、というイメージで捉えるのがいいだろう。

年齢・馬体重

若い馬の上昇力に期待。小柄な馬も大型馬も苦戦する

2006年に4歳上・4月開催・1400mへと変更されてからの年齢別成績は、4歳馬が[7.5.3.47]の勝率11.3%と好調で、5歳馬は[0.3.3.38]と苦戦。6歳が[1.1.2.14]、7歳以上が[1.0.1.11]と盛り返すのだが、6歳以上馬の2勝はいずれもジョリーダンスだ。原則として「4歳馬で勝負」と考えたい。また過去10年間で馬体重440kg未満だと[0.0.2.16]、500kg以上だと[0.3.2.10]。小柄な馬も大型馬も成績を伸ばせていない。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。