2015年4月5日(日)

11R

2015年4月5日(日) | 2回阪神4日 | 15:35発走

第59回産経大阪杯(GII)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:不良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

厩舎・騎手ともに西高東低がクッキリ

過去10年で関西馬が[10.6.10.72]と勝ち馬10頭すべてを出しているのに対し、関東馬は[0.4.0.13]と未勝利。2着の関東馬4頭には8番人気ダークシャドウと9番人気ゴールデンダリアがいて穴っぽいイメージは残しているものの、あくまで軸馬は関西馬から選ぶのが鉄則だろう。ジョッキーも、関西所属が[10.7.7.65]、外国人が[0.0.1.2]、関東所属が[0.3.2.17]と、こちらも西高東低の傾向がハッキリと出ている。

枠順・馬番

枠は内や外より真ん中あたりがベターだ

馬番1〜4番の馬の成績が[1.3.2.24]で勝ったのは1番人気メイショウサムソンのみ、馬番12から外の馬は[0.1.2.8]。これらに対して5〜11番が[9.6.5.45]で勝率13.8%のアベレージを誇る。とりわけ1枠1番は過去10年で[0.0.0.10]と3着以内なし、2番も[0.0.2.8]と内枠は不振で、大外枠も[0.1.2.7]と成績は冴えない。極端に内枠や外枠に入ると明らかに不利なレース。中ほどのゲートから戦える馬がベターであるようだ。

前走の成績

前走重賞で掲示板を確保していた馬が軸

傾向分析でも述べた通り、前走が重賞だった馬は[9.9.9.64]の勝率9.9%、連対率19.8%、複勝率29.7%と安定。いっぽうオープン特別や条件戦からの臨戦だと[1.1.1.22]で上位争いは厳しくなる。また、前走1着馬が[0.3.2.11]、前走着外馬が[0.2.4.46]と勝ちあぐねているのに対して、前走2〜5着だった馬が[10.5.4.29]と勝ち馬10頭すべてを出している。「前走は重賞で2〜5着」というのが、勝ち負けできる馬の条件である。

実績

重賞実績、前走好走、距離実績を考慮して勝ち馬を探したい

過去10年の勝ち馬のうち7頭が重賞ウィナー。残り3頭は、前走・中山記念2着のテイエムアンコール、前走・日経新春杯2着のヒルノダムール、前走・大阪城S2着のショウナンマイティだ。また8頭に2000mの勝ち鞍があり、該当しない2頭は1800mで重賞勝ちのあるカンパニーとキズナ。クラス実績・前走好走・距離実績は、重要視すべきファクターだ。また勝ち馬10頭ともダート戦に出走したことのない純芝馬だった。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。