sportsnavi

2015年11月22日(日)

11R

2015年11月22日(日) | 5回京都6日 | 15:40発走

第32回マイルチャンピオンシップ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

年齢・性別

4〜5歳中心だが安定感は古豪に軍配。牝馬の人気薄は切ろう

年齢別の成績は3歳が[0.0.2.33]、4歳が[3.6.3.24]、5歳が[4.4.4.42]、6歳以上が[3.0.1.49]。勝率8.3%の4歳と7.4%の5歳が中心、3歳勢は割引だ。ただし1〜3番人気に限定した勝率は、4歳が11.1%、5歳が28.6%、6歳以上が22.2%で、古豪の方が安定感はあるようだ。また牝馬の成績は[1.1.4.25]で、勝ったのはブルーメンブラットだけ。2頭いっぺんに馬券に絡んだことはなく、1〜3着馬はすべて5番人気以内だった。

枠順・脚質

前に行く馬は差され、外枠では勝てない。内寄りの差し・追込み馬が中心

馬番1〜6番が[5.2.3.50]、7〜12番が[4.6.1.49]、13番より外が[1.2.6.49]で、14番から外は10年間未勝利。外へ行けばいくほど不利になる。また逃げた馬は10連敗中で、前走4コーナーの位置取りで見ると、4番手以内だった馬が[2.3.4.52]。最後には差されている印象で、5〜11番手だった馬が[7.5.3.61]と主力だ。トーセンラーやダノンシャークが勝っていて追込み馬も侮れない。内〜真ん中の枠に入った差し・追込み馬を狙いたい。

ローテーション

夏場は休んで秋2〜3戦目の距離短縮組が軸となりそう

前走が天皇賞(秋)だった馬は[5.1.0.16]で勝率22.7%。軸馬はここから選ぶべきだろう。またスワンS組の[1.4.2.34]を含め前走が1400m以下だと[1.5.3.43]、富士S組の[2.2.1.44]など前走がマイル戦だと[2.2.4.57]。これに対し前走1800m以上だと[7.3.3.48]で、距離短縮組が優位だ。叩き2戦目の馬が[5.4.4.54]、叩き3戦目の馬が[5.5.3.43]というデータもあり、使い詰めの馬より夏場は休んでここが秋2〜3戦目の馬を買いたい。

前走着順・着差

前走1着馬か、6〜9着だが1秒以上は負けていないタイプがいい

前走1着馬が[4.4.4.18]の勝率13.3%と堅調で、前走2〜5着馬は[1.3.5.59]とアテにできないイメージ。むしろ[5.3.1.35]という前走6〜9着馬の巻き返しに期待したい。前走2ケタ着順だと[0.0.0.36]で、さすがに負け過ぎだ。前走の着差でいうと、勝ち馬からコンマ2秒以内だと[0.1.3.37]と苦戦しており、0.3〜0.9秒差負けの馬が[6.5.3.68]と意外な健闘を見せている。1秒以上負けていた馬は[0.0.0.25]と逆襲は困難だ。

血統

母の父がノーザンダンサー系種牡馬でないと勝ち切るのは難しい

過去10年のうち、サンデーサイレンス産駒が2005年〜2007年まで3連勝。以後はアドマイヤベガ、ミラクルアドマイヤ、Forest Wildcat、Giant s Causeway、フジキセキ、ディープインパクトの産駒で、サンデーサイレンス系VSノーザンダンサー系といった様相だ。また母の父がノーザンダンサー系という馬が[7.4.7.48]で毎年必ず馬券に絡んでいる。母父がノーザンダンサー系でないと人気でも取りこぼすことが多い印象だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。