2015年10月31日(土)

11R

2015年10月31日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第58回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

性別・馬齢

4歳勢が中心で人気なら心強い。5歳馬と牝馬は人気でも信頼度低い

年齢別の成績は、3歳が[2.1.0.23]で勝率7.7%、4歳が[5.5.3.17]で勝率16.7%、5歳が[0.3.5.41]で10年間未勝利、6歳以上が[3.1.2.51]で勝率5.3%。4歳馬中心のレースで、特に3番人気以内だと[3.1.0.2]と信頼感が増す。牝馬は[0.0.3.23]と、このレースでは不振。3着は3回あるものの、アストンマーチャンが1番人気14着、シーイズトウショウが2番人気6着、ベルカントが3番人気7着など人気を裏切ることも多い。

前走成績

前走オープン勝ち馬または重賞で“ちょい負け の馬が狙い目

前走が中央の重賞・オープン特別だった馬が[10.9.8.116]、それ以外からの臨戦は[0.1.2.16]なので、前者が優位。また前走1着馬が[3.2.2.19]で、このうち3着以内に入った7頭中4頭が前走オープン特別の勝ち馬だった。前走が6着以下の馬も[7.4.7.80]で巻き返し可能だが、1着馬7頭のうち5頭は前走が重賞で勝ち馬との差は0.5〜0.9秒だった。前走でオープン特別を勝ってきた馬か重賞で“ちょい負け の馬が狙い目だ。

ローテーション・馬体重・枠順

馬体が増えていてもフレッシュな状態の馬と外枠が有利

10週以上の休養明けだった馬が[3.4.5.27]、叩き2戦目の馬が[5.3.1.35]。前走比プラス10kg以上の馬が4勝していること、前走から馬体を減らした馬が[3.6.1.38]と2着に負けるケースが多い点などを考えても、使い詰めの馬よりフレッシュな状態の馬を狙いたいところだ。また1〜5枠に入った馬は[2.5.6.79]と勝ち切れず、対照的に6〜8枠に入った馬は[8.5.4.53]で勝率11.4%と活躍。内枠より外枠が有利なレースだ。

重賞実績

勝ち負けするためにはマイル〜1800mの重賞での実績が必須

過去10年の勝ち馬10頭のうち、コスモサンビーム、グランプリボス、ミッキーアイルがマイルG1勝ち馬、マイネルレーニア、キンシャサノキセキ、マルカフェニックス、リディル、コパノリチャードはマイル以下の重賞勝ち馬、プリサイスマシーンは1800mの重賞2勝でレコード勝ちがあった。残り1頭のスーパーホーネットはマイル〜1800mのオープン4勝+マイルG1で2着。マイル〜1800mの重賞実績は必須といえそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。