2015年12月6日(日)

11R

2015年12月6日(日) | 4回中京2日 | 15:30発走

第16回チャンピオンズカップ(GI)

ダート・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:9400、3800、2400、1400、940万円 |

レースの攻略アプローチ

馬の所属

関東馬不振。関西馬だけで馬券をまとめてもいいくらい

過去10年、関西馬が[10.10.10.93]と1〜3着を独占中。関東馬が掲示板に載ったのは2007年5着のワイルドワンダーだけで[0.0.0.20]。関西馬のボックスでも問題ないくらいの差がついている。のべ4頭走ってすべて着外の地方馬もほとんど用なしだろう。外国馬は[0.0.0.11]で、米ダートG1馬がコロっと負けている現状。ただし過去には重賞入着クラスのフリートストリートダンサーが勝ったこともあり、完全無視は危険だ。

年齢

軸馬としての安定感なら5歳馬の人気サイドがベター

年齢別の成績は、3歳が[2.1.2.19]で勝率8.3%、4歳が[2.2.2.31]で勝率5.4%、5歳が[5.4.1.32]で勝率11.9%、6歳が[1.2.4.24]で勝率3.2%。5歳が一歩リードしている状況で、1〜5番人気の連対率を比較すると、3歳が16.7%、4歳が20.0%、5歳が50.0%、6歳が20.0%と、ここでも5歳馬が安定感している。馬券の軸としては5歳馬が最適だろう。7歳以上は[0.1.1.22]。人気薄の2〜3着に注意しておきたい。

馬体重

勝ち切るのは馬体重500kg以上の大型馬。小さい馬は2着まで

パワーを要するダート戦では、一般に大型馬が有利。このレースもジャパンカップダート時代から小型馬が苦戦中で、当日の馬体重が500kg未満だと[0.5.5.57]と2〜3着に甘んじている。逆に500kg以上の馬が[10.5.5.71]と勝ち切っており、勝率11.0%をマーク。タイムパラドックスが馬体重452kgで差し切ったのは2004年のことで、近年は大型馬が連勝中。馬券のアタマは500kg以上、相手には500kg未満という組み合わせがよさそうだ。

ローテーション

主流は3つの重賞からの臨戦。騎手の乗り替わりは割引材料

JRA所属馬の場合、前走JBCクラシック組が[3.5.4.25]で勝率8.1%、武蔵野S組が[3.2.1.25]で勝率9.7%、みやこS組が[2.2.2.19]で勝率8.0%と、この3つのローテーションが頭数的にも成績的にも主流。これ以外の臨戦過程で勝ったのは、未勝利から準オープンまで4連勝中だったアロンダイトと、G3、G1、G1と3連勝中のエスポワールシチーだけ。また騎手の乗り替わりがあると[1.1.3.60]と苦戦を強いられている。

前走内容

前走1〜3番人気かつ連対が、ここで勝ち負けする条件

JRA所属馬を見ると、前走1〜2着馬が[8.5.5.44]、前走3着以下だと[2.5.5.69]。巻き返して勝利したのは、前走が長期休養明けだったカネヒキリとホッコータルマエだ。前走で勝ち馬から1秒以上離されていた馬も[0.0.2.31]と上昇は困難難。昨年のホッコータルマエは前走4番人気だったが、前走1〜3番人気だった馬が[9.4.6.60]、4番人気以下だと[1.6.4.52]なので、原則として前走で評価されていることも重要だ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。