sportsnavi

2015年10月17日(土)

11R

2015年10月17日(土) | 4回東京4日 | 15:45発走

第63回府中牝馬ステークス(GII)

芝・左 1800m | 天気:曇 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際) 牝 (指定) 別定 | 本賞金:5300、2100、1300、800、530万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

年齢・キャリア

充実の4〜5歳勢が中心。キャリア10〜20戦あたりが狙い目

過去10年の年齢別成績は、4歳が[6.4.5.50]、5歳が[4.5.2.54]で、合わせて[10.9.7.104]。馬券は4〜5歳勢中心にまとめたい。ただし6番人気以下だと4歳の[2.0.1.36]に対し5歳は[0.1.0.45]と、穴馬が走れていない。3歳は[0.0.2.1]、、6歳が[0.1.1.17]、7歳以上が[0.0.0.9]で、ほぼノーチャンスに近い成績。また、ここまでのキャリアが10〜20戦という馬が[8.8.6.65]。26戦以上も走った馬は[0.1.1.42]と苦戦している。

前走成績

前走・重賞で上位争いをしてきた馬が今回も主力

前走が重賞だった馬が[9.9.7.93]。中でもクイーンS組が[4.3.1.24]で勝率12.5%、新潟記念組が[2.2.0.9]で勝利15.4%と好調だ。前走・重賞で5着以内だった馬が[6.7.7.31]で勝率11.8%、6着以下に敗れていた馬は[3.2.0.61]の勝率4.5%と、やはり重賞で上位争いを演じてきた馬の方が優位。前走が条件戦〜オープン特別だった馬は[1.1.3.38]で、このグループは重賞好走歴か前走1着の実績がないと苦しい傾向にある。

ローテーションと前走人気

前走2〜4番人気でゆったりと間隔を空けてきた馬がいい

前走から1週(連闘)〜4週の間隔で出てきた馬は[1.1.2.22]で、1着になったのは9月の準オープンを勝ち上がってきたテイエムオーロラだけ。半年以上の休み明けの馬も未勝利で、6〜22週とゆったりとしたローテーションで臨む馬が[9.9.7.86]と馬券の中心を担っている。また前走で1番人気だった馬は[0.2.4.9]と不振、10番人気以下だった馬も[0.1.0.33]と良くない。前走2〜4番人気という馬が[8.5.3.39]で狙い目だ。

重賞実績

重賞勝ち鞍かGI好走歴または夏の充実ぶりが必須

10年間の勝ち馬9頭のうち重賞勝ち鞍を持っていたのは6頭。残り3頭は、前走がヴィクトリアマイル3着のブルーメンブラット、秋華賞2着馬ムードインディゴ、3連勝後にマーメイドSを3着とし、前走・準オープンを勝ったテイエムオーロラだ。2着馬も10頭中7頭が重賞ウィナーで、2頭は夏競馬で重賞連対、1頭は夏競馬でオープン1着。重賞実績がなく、近走の充実ぶりも示していない馬は苦戦すると考えていいだろう。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。