2014年12月14日(日)

11R

2014年12月14日(日) | 5回阪神4日 | 15:40発走

第66回阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

厩舎・騎手

外国人ジョッキーと乗り替わりは軽視したいレース

関東馬が[2.5.4.45]、関西馬が[8.5.6.105]。関東所属の騎手が[3.3.2.35]で、関西所属の騎手が[7.5.7.101]。厩舎・騎手とも東西の差はわずかだが、不思議なのは過去10年で[0.2.1.13]という外国人騎手の低調ぶり。また前走と同じ騎手が引き続き乗った馬の成績は[9.5.6.80]なのに、乗り替わりがあると[1.5.4.70]。昨年は乗り替わりのあったレッドリヴェールが勝ったものの、基本的に乗り替わりは軽視したい。

脚質

先行勢に苦しいレース。中団でジックリ脚をためる差し馬が有利

4コーナーを5番手以内で回ってきた馬は[0.4.4.49]と2着止まり。スピード型の出走馬が多く、先行争いが厳しくなって最後にツラくなる、という展開が想像できる。キャリアの浅い2歳牝馬だけに、ペースをコントロールできないのだろう。前走で4コーナーを7〜8番手で回ってきた馬の成績が[7.2.1.23]で、勝ち馬の7割がここから出ている。中団からの差しが阪神ジュベナイルフィリーズを制する最良の策といえそうだ。

前走成績

前走1600m以上で連対していた馬が中心。惨敗馬の巻き返しは厳しい

前走で勝っていた馬の成績は[6.8.7.74]。主力ではあるが勝率は6.3%止まりで、2着、3着に惜敗することが多いのも特徴だ。前走2着馬が[3.1.2.13]で、勝率・連対率・複勝率ともこちらの方が上。前走3〜5着馬は[1.1.1.27]、勝率は3.3%と厳しい戦い。前走6着以下だと[0.0.0.36]で、巻き返しは絶望的だ。また前走の距離が1600m以上だと[8.4.4.57]、1400m以下だと[2.6.6.93]で、勝ち切るのは前者が多い。

キャリア

新馬勝ちから500万下または重賞を使ってきたキャリア2戦馬が中心

前走が新馬・未勝利戦だと[2.2.3.23]、500万下だと[4.2.2.44]、オープン特別が[0.0.1.25]で重賞が[4.6.4.62]。昇級馬でも狙えるが、安定感なら重賞経験馬だろう。またキャリア2戦の馬が[6.2.3.20]の勝率19.4%と好調で、次いで1戦だけの馬が[1.2.3.10]で勝率6.3%、キャリア3戦の馬が[3.1.1.59]で勝率4.7%と続く。4戦以上走った馬は[0.5.3.61]で、経験を生かして馬券に絡んでくる穴馬は多いが、勝ち切るのは難しい。

血統

父は2400m向きの種牡馬、母父はノーザンダンサー系という配合に注目

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒は[5.3.6.65]と馬券によく絡むが、率としては平凡。むしろ注視したいのは母父の血統で、母父ノーザンダンサー系が[7.2.2.41]、勝率13.5%をマーク。また過去10年の勝ち馬の父10頭のうち6頭が2400mG1の勝ち馬で、残り4頭のうち、サンデーサイレンスとアグネスタキオンは日本ダービー馬の父、パラダイスクリークはジャパンC2着。2400m向きの血統が意外と好相性なのだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。