sportsnavi

2014年9月21日(日)

11R

2014年9月21日(日) | 4回阪神4日 | 15:35発走

第32回関西テレビ放送賞ローズステークス(GII)

芝・右・外 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5000、2000、1300、750、500万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走の格

オークス以来の久々という馬がレースの中心

前走が重賞(交流重賞含む)だった馬は[9.8.5.46]で、連対馬のほとんどはここから出ている。中でもオークス以来という馬が[8.5.3.33]だから、揺るぎない中心。ローテーションを見ても、夏場使われた馬=前走から1週(連闘)〜4週という馬が[0.1.2.40]なのに対し、10週以上間隔を開けた馬が[9.8.5.58]だから、狙うなら明らかにこちら。春シーズンを重賞で終えて、今回は久々というタイプが上位に来るレースだといえる。

前走の着順

前走は1〜4着以内が好走の第一条件

前走で1〜4着に来ていた馬が[9.6.9.65]と、このグループの成績はさすがに安定している。前走5〜9着だった馬は[1.2.0.29]で、この組で連対したのは前走がオークスだったマイネレーツェルとマイネイサベル、前走がクイーンSだったムードインディゴ。他のレースで掲示板を外していた馬は買いづらい。前走で10着以下に大敗した馬は[0.2.1.23]で、3着以内に来た馬の前走はオークスか関東オークスだった。

重賞実績

重賞で3着以内に来た経験が欲しい

JRAの重賞で3着以内に入った馬だけをピックアップすると、ローズSでの成績は60頭が走って[8.7.6.39]で、勝率13.3%と好調だ。逆に重賞3着以内の経験がなかった馬は[2.3.4.75]で勝率は2.4%。このグループから出た勝ち馬は、4戦2勝・2着1回・3着1回と底を見せていなかったレクレドールと、スイートピーS1着・オークス4着というブロードストリート。重賞で上位に顔を出せない馬にはノーチャンスといえるだろう。

脚質

逃げ・先行タイプより差し・追込みタイプを重視したい

前走で4コーナーを1〜2番手で回ってきた馬はローズSで[0.0.0.29]。4コーナー3〜5番手だった馬も[1.3.2.32]で(勝ったのはダイワスカーレットだけ)、相当な実力馬でない限り、逃げ・先行タイプの勝利は難しそう。前走4コーナー10番手以下だった馬が[7.2.2.24]で、勝率は20%にも達している。こうした差し・追込み馬を中心と考えるべき。オークスの直線で鋭く伸びてきた馬にはとりわけ大きな期待がかかる。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。