sportsnavi

2014年4月13日(日)

11R

2014年4月13日(日) | 2回阪神6日 | 15:40発走

第74回桜花賞(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:8900、3600、2200、1300、890万円 |

レースの攻略アプローチ

枠順

外枠優位。内の6頭には厳しい戦いが待っている

いわゆる“おむすび型 から外回りの新設コースへと変貌を遂げた桜花賞だが、旧時代の2000年〜2006年の7年間で5〜8枠は[5.4.4.57]、2007年以降の新時代では5〜8枠は[5.6.6.53]と、実は昔も今も外枠が優位。過去10年間では、5〜8枠が[8.7.8.77]、1〜4枠が[2.3.2.72]で、内枠の2勝はいずれも4枠、1〜3枠は[0.0.2.58]と大苦戦している。内に入り過ぎると馬ゴミに揉まれて力を発揮できない、ということかも知れない。

前走成績

トライアル上位馬から馬券を組み立てるのが基本

前走がチューリップ賞、フラワーC、フィリーズレビューというトライアル重賞で、かつ3着以内に入っていた馬の成績は[8.5.5.53]となり、勝率11.3%、連対率18.3%、複勝率25.4%と立派な数字。この条件に該当しない馬たちは[2.5.5.96]で、勝率はわずか1.9%。このグループから出た勝ち馬2頭はエルフィンS1着のマルセリーナ、チューリップ賞4着のジェンティルドンナ。「主要前哨戦で4着以内」が桜花賞好走のためには必須だ。

騎手

関西の騎手で、乗り替わりのない馬が有力

関西の騎手が[8.5.6.90]で勝率7.3%と安定しているのに対し、関東の騎手は[1.3.2.53]で勝率わずか1.7%。勝ったのはアパパネの蛯名正義、2着も蛯名正義が2回と内田博幸が1回だから、リーディングを争うクラスでない関東の騎手は切りたいところ。また、前走と同じ騎手が乗った馬は[8.6.5.100]、乗り替わりのあった馬は[2.4.5.49]。昨年は乗り替わりのアユサンが勝利したが、乗り替わりのないほうが原則としては有利だ。

脚質

逃げ切りタイプにも追込み一辺倒にも厳しい

逃げ馬は[0.1.0.9]と、この10年間逃げ切れていない。前走4コーナーを先頭で回ってきた馬の成績は[1.0.0.16]で、勝ったのはダイワスカーレットだけ。そのダイワスカーレットも本番では好位に控えた。また前走4コーナーで10番手以下だった馬は[1.1.3.36]。このグループからはレジネッタが大穴を開けているものの、一応は「前走は逃げず、道中で置かれることもなかった先行・差しタイプ」が馬券の軸となるはずだ。

実績

重賞実績とマイル実績、ここまでのキャリアにも注意

中央の重賞で連対したことのある馬114頭の桜花賞成績は[8.8.7.91]。芝マイル戦で連対したことのある馬108頭の桜花賞成績が[9.9.8.82]で、マイル連対のないまま桜花賞を制したのは阪神JF3着のラインクラフトだけだ。また桜花賞までのキャリアが5戦以内の馬が[9.6.4.68]、6戦以上した馬は[1.3.6.79]で勝ったのは6戦のレジネッタだけ。重賞実績、マイル実績、キャリアには注意して軸馬を選び出したい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。