2014年10月14日(火)

11R

2014年10月14日(火) | 4回京都3日 | 15:35発走

第49回京都大賞典(GII)

芝・右・外 2400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

騎手・調教師

関東の騎手の遠征には要警戒も、馬は西高東低

この10年の騎手東西別成績は、美浦のジョッキーが[2.3.1.9]で勝率13.3%、栗東のジョッキーが[8.7.9.68]で勝率8.7%(外国人と地方騎手は合わせて[0.0.0.4])。関東の騎手が遠征してきたら要警戒だろう。いっぽう厩舎の東西別では、関東馬の[0.2.2.14]に対して関西馬が[10.8.8.64]で完全な西高東低。6番人気以下に絞ると関東馬が[0.1.0.9]、関西馬が[1.4.4.39]で、穴馬券を演出する回数も関西馬が多いようだ。

性齢

5歳勢の成績が断然。そこから4歳と6歳以上に流したい

年齢別に見た場合の成績トップは5歳勢で[8.1.5.25]、勝率は20.5%と断然。単勝18倍台で勝ったナリタセンチュリーとメイショウカンパク、牝馬ながら勝利したスイープトウショウとメイショウベルーガ、そして昨年のヒットザターゲットと、いずれも5歳馬だった。4歳勢は[2.4.1.18]と2着に甘んじるケースが目立ち、6歳以上も[0.5.3.38]。軸・頭は5歳馬から選び、4歳勢と6歳以上から相手を探す、という戦略が成り立ちそうだ。

重賞経験・ステップ

中距離重賞連対以上の成績と、前走が重賞であることが必須

前走がG1だった馬(海外含む)が[5.5.3.22]、G2だった馬が[2.4.3.19]、G3だった馬が[3.0.2.22]で、条件戦〜オープン特別からの臨戦だと[0.1.2.18]。勝ち馬も相手も「前走が重賞だった馬」から選ぶのがセオリーだろう。また勝ち馬10頭中8頭は2000m以上の重賞勝ち鞍を持っていた。該当しないのはメイショウカンパクとナリタセンチュリーだが、この2頭には2000m重賞の2着があった。中距離以上の重賞実績も重視したい。

馬体重・枠

馬体重は「中ほど」、枠は「外より」が有利

勝ち馬のうちもっとも軽かったのが468kg(ナリタセンチュリー、インティライミ、ローズキングダムの3頭)、もっとも重かったのは514kg(ヒットザターゲット)。この範囲内の馬体重だった馬が[10.6.5.51]だ。軽すぎたり重すぎたりすると2着まで。また前走より馬体重が増えていた馬の[7.5.6.40]に対して減っていた馬は[2.5.1.31]。枠順では、1〜4枠が[3.4.4.34]、5〜8枠が[7.6.6.47]で、外枠有利の傾向が出ている。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。