競馬 - 京都新聞杯 - スポーツナビ

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月10日(土)

11R

2014年5月10日(土) | 3回京都5日 | 15:35発走

第62回京都新聞杯(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

レースの攻略アプローチ

脚質

逃げ馬にも追込み馬にも厳しいレース

2006年の勝ち馬トーホウアランは早め先頭策から押し切ったが、過去10年で逃げ切った馬はゼロ。前走で4コーナー先頭だった馬も[0.0.2.17]で、前に行く馬にとっては勝つのが難しいレースだ。いっぽう4コーナー10番手以下から差し切ったのもハーツクライとキズナというG1級だけ。前走4コーナー10番手以下だった馬は4頭が勝っているが、それらの前走は皐月賞か毎日杯。重賞級でないと追込みも届きづらいわけである。

前走の成績

重賞出走馬の巻き返しvs芝500万下快勝馬

前走が重賞だった馬は[6.3.5.22]で、勝率は16.7%。勝ち馬6頭は、前走の着順が1〜14着、勝ち馬との着差は最大1.4秒もある(ハーツクライ)ので、よほどの大敗でない限り着順・着差を気にする必要はない。いっぽう前走が500万下だと[4.6.3.53]で、勝率6.1%と率が落ちる。ただし「前走が芝のレースで1着」という条件を付け加えると、この京都新聞杯での成績は[4.4.2.20]の勝率13.3%に上昇、重賞組に匹敵する勢力となる。

血統

芝2400mまたは長距離戦への適性を重視

勝ち馬の父を並べると、数々の日本ダービー馬を送り出したサンデーサイレンス、日本ダービーやジャパンCを勝ったスペシャルウィーク、ジャングルポケット、ディープインパクト、日本ダービー馬タニノギムレットと「格の高い芝2400mG1」の勝ち馬がズラリ。あとは菊花賞馬のマンハッタンカフェとダンスインザダークだ。芝2400mか長距離戦への適性は必須。サンデーサイレンス系種牡馬であることも重要なファクターだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。