IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年4月27日(日)

11R

2014年4月27日(日) | 3回京都2日 | 15:35発走

第45回読売マイラーズカップ(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5700、2300、1400、860、570万円 |

レースの攻略アプローチ

枠順

外枠が好調だが、内枠にも穴が潜んでいる

1枠〜4枠に入った馬の成績は過去10年で[2.5.4.55]。勝ったのは1番人気に推されていたカンパニーとスーパーホーネットだけだ。いっぽう5枠〜8枠に入った馬は[8.5.6.63]で、シルポートの2年連続逃げ切りを含め8枠が4連勝中。外有利のレースといえる。ただし1枠〜4枠から2着・3着に入った9頭のうち、6頭が6番人気以下。軸馬は外枠から選ぶべきだが、ヒモ穴は内枠に潜んでいると考えられる。

中距離適性

マイル適性より中距離で実績を残してきたことを重視

前走が1800m戦だった馬は[6.4.2.20]の勝率18.8%と立派な成績。これに対して前走がマイル以下だった馬は[3.5.7.79]の勝率3.2%にとどまり、勝ったのは香港への遠征から帰ってきた馬とフェブラリーSを使った馬だけ。また過去10年の勝ち馬9頭中8頭が芝1800〜2000mの重賞・オープン特別で勝ったことがあり、昨年のグランプリボスもスプリングSで僅差4着。マイラーとしてのスピード能力より中距離への対応力が重要となる。

ローテーション

中山記念組を始め、ゆったりとした間隔で臨む馬が中心

前走が中山記念だった馬が[4.2.1.12]と好調で、やはり中距離適性の重要性をうかがわせる。その中山記念組を含め、前走からの間隔が中5〜7週と十分な余裕をもって臨んできた馬が[7.2.1.24]と好調。中8週以上の馬も[3.4.5.35]と十分に勝ち負けできている。これらに対して連闘〜中4週以内と前走からの間隔が短いと[0.4.4.59]。ある程度の余裕を持ってジックリと仕上げられてから、ここへ向かってきた馬を狙いたい。

脚質

逃げ・先行馬が圧倒的に有利

昨年は差し・追込みで決着したものの過去10年で逃げ切りが3回あり、4コーナー10番手以下にいた馬は[0.2.2.46]。前有利のレースとなっている。前走のポジショニングを参考にすると、4コーナーを1〜2番手で回ってきた馬が[7.2.3.16]、10番手以下だった馬は[0.3.4.40]で、やはり先行馬有利、差し・追込み馬は2〜3着という傾向が見られる。前で競馬をできる馬から後ろの馬へ流す、という馬券戦略で挑みたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。