IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年12月28日(日)

9R

2014年12月28日(日) | 4回中山8日 | 14:35発走

第31回ホープフルステークス(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)牡・牝(特指) 馬齢 | 本賞金:6500、2600、1600、980、650万円 |

レースの攻略アプローチ

脚質

逃げ馬にも追込み馬にも厳しい。狙いは好位先行タイプ

今年から中山に移るため傾向がガラリ一変する可能性もあるが、少なくとも昨年までの10年間は、前走4コーナーで先頭だった馬は[0.2.0.12]、今回4コーナー先頭という馬も[0.2.0.8]で逃げ馬には不利。前走4コーナー10番手以下だった馬は[1.2.0.10]、今回4コーナー10番手以下だと[1.1.2.28]で、追込み馬が届くケースも少ない。前走4コーナー2〜4番手という馬が[7.4.4.39]なので、狙うなら好位先行タイプの馬だろう。

ローテーション

中距離のオープン特別か重賞を使ってきた馬が中心となる

前走が重賞だった馬は[4.4.3.7]の勝率22.4%、前走がオープン特別だった馬は[4.2.0.22]の勝率14.3%で、この両者が軸。前走条件戦からの格上げで勝ったのは新馬戦を楽勝したアダムスピークと、出世レースとして知られる500万下・エリカ賞を勝ってきたサクラメガワンダーだけだ。京都2歳S組が[4.1.0.15]、東京スポーツ杯2歳S組が[2.1.1.3]。前走が2000mだった馬が[6.2.2.36]なのでアタマとして最適だろう。

前走の人気

前走で1〜3番人気の高評価を得ていないと勝ち負けは難しい

2007年の勝ち馬サブジェクトは前走・朝日杯フューチュリティSで7番人気、昨年のワンアンドオンリーは前走・東京スポーツ杯2歳Sで8番人気だったが、前走で1番人気だった馬が[5.4.7.26]、2番人気だと[2.2.1.15]、3番人気で[1.2.2.8]となり、合わせて[8.8.10.49]だから、ここまでが軸馬としての最低条件。オープン特別や条件戦で3番人気以内にも推されないタイプが、ここで一気に浮上するケースは少なそうだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。