2014年4月20日(日)

11R

2014年4月20日(日) | 3回中山8日 | 15:40発走

第74回皐月賞(GI)

芝・右 2000m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

レースの攻略アプローチ

前走成績

やはりトライアルの勝ち馬が主役。前走5着以下は苦戦

前走が弥生賞、スプリングS、若葉Sのいずれかだった馬が[9.10.7.97]で、やはりトライアル組が強い。しかもこの3レースの勝ち馬に限れば[7.3.2.17]で勝率24.1%、連対率34.5%のハイアベレージだから、軸はここから選ぶべきだ。3つのトライアル以外からの臨戦だと[1.0.3.53]で、勝ったのは共同通信杯1着から直行のゴールドシップだけ。また前走が何であれ、5着以下だと[0.1.2.47]と皐月賞では大苦戦している。

距離・重賞実績

芝中距離とオープン・重賞での実績を重視したい

芝の中距離(1800mまたは2000m)で2勝以上していた馬は[6.6.8.57]。このうち「芝中距離のオープン・重賞で2勝以上」という条件を満たす馬は[5.4.4.8]となり、勝率23.8%、連対率42.9%と信頼度はグンとアップする。逆に軽視したいのは芝中距離で勝ったことのない馬で、皐月賞では[1.2.2.56]。重賞で3着以内に入ったことのない馬も[0.2.1.36]と未勝利だ。距離実績も重賞実績もない馬は買いづらい一戦である。

脚質

単純な逃げ馬も末脚勝負の追込み馬も苦戦するのが皐月賞

前走3〜4コーナーで先頭に立っていた馬は[1.0.1.17]。勝ったのは、前走・若葉Sで道中2番手から3コーナー過ぎで先頭に立ったヴィクトリーだけだから、単純な逃げ馬が皐月賞で勝ち負けするのは難しい。また4コーナー10番手以下から皐月賞を差し切ったのは東京競馬場での開催だった2011年のオルフェーヴルだけ、前走4コーナーの位置取りが10番手以下だった馬は[0.3.0.23]だ。追込み一辺倒の馬も皐月賞では苦戦している。

キャリア

皐月賞までに3戦〜6戦が妥当だが、7戦以上の馬に穴潜む

わずか2戦だけのキャリアで皐月賞に挑んだ馬は過去10年に3頭いるが、いずれも着外に敗れている。キャリア3戦〜6戦という馬が[8.5.10.104]で、まずはこれが常識的なラインだ。キャリア7戦以上の馬は[2.5.0.43]。メイショウサムソンとロゴタイプが勝っているが、キャリア7戦以上の2着馬5頭のうち3頭が10番人気以下だった。ここまで走りに走ったキャリア豊富な馬の中に大穴が潜んでいるとも考えられる。

血統と生産者

社台系牧場出身で父がサンデーサイレンスの後継種牡馬

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[7.7.4.73]で勝率7.7%、連対率15.4%。非サンデーサイレンス系種牡馬の産駒の[3.3.6.77]、勝率3.4%、連対率6.7%に比べると安定した成績だ。サンデーサイレンス系が好調なだけあって、社台ファーム、ノーザンファーム、白老ファーム、追分ファームの社台系4牧場が総合で[8.7.4.64]と好成績。10年間で5回も1・2フィニッシュを決めている点も見逃せない。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。