2014年3月9日(日)

11R

2014年3月9日(日) | 2回中山4日 | 15:45発走

第51回報知杯弥生賞(GII)

芝・右 2000m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 |

レースの攻略アプローチ

人気・オッズ

1番人気の狙いどころがハッキリしている一戦

2連敗中の1番人気だが、過去10年のトータルでは[6.1.0.3]と勝率60.0%を誇る。単勝オッズ別で見ると、2倍未満が[5.0.0.0]と全勝しているのに対し、2倍以上だと[1.1.0.3]と安定感はグっと下がる。また父がサンデーサイレンス系種牡馬だと[5.0.0.1]。つまり1番人気が「単勝オッズ2倍未満で父はサンデーサイレンス系種牡馬」なら黙って信頼し、そうでなければちょっと穴っぽいところを狙ってみる手もある、というレースだ。

毛色

馬券の軸もヒモ穴も鹿毛から選びたい

なぜか鹿毛の馬が好調、成績は[8.5.7.36]で勝率14.3%、連対率23.2%、複勝率35.7%となっている。このうち1番人気が[5.1.0.2]、2〜5番人気が[1.1.4.8]、6番人気以下が[2.3.3.26]なので、人気なら軸馬、人気薄ならヒモ穴としてぜひとも鹿毛馬を選びたいところ。他の毛色の馬は、1番人気で[1.0.0.1]、2〜5番人気で[1.4.2.19]、6番人気以下で[0.1.1.35]と、信頼感も穴適性も鹿毛の馬と比べてグンと落ちてしまう。

前走の成績

前走重賞上位馬か、2000m実績のある前走1着馬が中心

前走1着馬は[8.3.2.46]、前走2〜5着馬は[2.6.5.27]、前走6着以下だと[0.1.3.18]となっていて、前走の成績が弥生賞に直結しているイメージだ。中でも前走が重賞だった馬は[8.6.9.33]と安定している。前走が条件戦・オープン特別だと[2.2.1.45]と苦戦しやすいが、この組から出た勝ち馬はディープインパクトとカミノタサハラで、どちらも前走快勝をステップにしてここに進んできたうえ、2000mで新馬勝ちを収めていた。

キャリアと安定感

キャリア2〜6戦で掲示板確保の安定感&中距離適性が問われる

キャリア1戦だけという馬は[0.1.0.2]と不発、キャリア7戦以上の馬も[0.1.2.19]と使い過ぎ。キャリア2〜6戦という馬が[10.8.8.70]で、ここが狙いどころだ。しかも勝ち馬10頭はすべて、弥生賞までに一度も掲示板を外したことがないという安定感を見せつけていた。また勝ち馬10頭中7頭が芝2000mで勝った経験があり、残り3頭のうち2頭は芝1800m重賞の勝ち馬だった。中距離への適性も重要なファクターである。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。