IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年11月8日(土)

11R

2014年11月8日(土) | 5回東京1日 | 15:35発走

第50回京王杯2歳ステークス(GII)

芝・左 1400m | 天気:曇 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際)(指定) 馬齢 | 本賞金:3600、1400、900、540、360万円 |

レースの攻略アプローチ

前走の格と人気

前走・オープンや重賞で高い評価を得ていた馬を探せ

前走が新馬・未勝利戦だった馬は[1.5.2.36]、500万下だった馬が[1.1.3.29]。この臨戦過程より、前走がオープン特別だと[4.3.3.24]、前走が重賞だと[4.1.2.21]と優位。前走の人気も重要で、1〜4番人気だった馬が[9.9.7.79]、5番人気以下だった馬が[1.1.3.35]と大きな差がある。総合すれば「前走・オープンや重賞で4番人気以内の高い評価を得ていた馬」を軸として考えるべきレースといえそうだ。

性別・生まれ・枠

牝馬・奇数馬番・遅い生まれは苦戦覚悟

牝馬は[0.1.1.21]と10年間未勝利。2着に入ったのは4番人気、3着は5番人気なので、人気薄の牝馬は無視してもよさそうだ。偶数ゼッケンの馬の[8.3.6.53]に対し、奇数馬番は[2.7.4.61]と取りこぼしが目立つ。どうやら後入れの馬のほうがよさそう。競走馬としては一般的な2〜4月生まれの馬が[9.5.8.83]で、1月生まれは[1.2.1.7]、5月以降の生まれは[0.3.1.24]。あまり遅い生まれだと成長が追いついていない、ということか。

血統

勝ち負けのためにはノーザンダンサーの血を持つことが条件

サンデーサイレンス系種牡馬の産駒が[0.4.4.30]と10年間未勝利。芝の重賞とは思えない傾向を示している。狙うなら[4.0.3.24]の勝率12.9%を誇るノーザンダンサー系種牡馬の子たちだろう。また母父ノーザンダンサー系という馬も[6.5.3.35]で勝率12.2%。過去10年の連対馬20頭のうち、父ノーザンダンサー系が4頭、母父ノーザンダンサー系が11頭で計15頭いて、2010年を除いて必ずどちらかのタイプが連に絡んでいる。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。