2014年6月8日(日)

11R

2014年6月8日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第64回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:小雨 | 馬場:不良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 |

レースの攻略アプローチ

前走成績

前走G1かG2で好走している馬がベター

前走がG1(海外含む)だと[6.2.3.43]、G2(海外含む)だと[3.7.7.81]で、合わせて[9.9.10.124]。G3以下からの臨戦でもショウワモダンは勝っているが、2連勝での臨戦だった。また前走1着馬が[5.2.0.37]、2〜4着馬が[4.4.7.54]、5着以下だと[1.4.3.58]。前走6着から巻き返したツルマルボーイの例はあるが、原則として「前走の格が高い馬、成績のいい馬ほど順当に有利」だと素直に考えるべきレースだろう。

距離実績

マイル戦でしっかりと実績を残してきた馬が勝つ

優勝馬のマイル戦実績は、ダイワメジャーがマイルCS、ウオッカが阪神JF、ブリッシュラックが香港G1の勝ち馬。アサクサデンエンはマイル戦4勝、ストロングリターンは3勝で前年の安田記念2着、リアルインパクトは朝日杯フューチュリティS2着とNHKマイルC3着、ショウワモダンはG3を勝ち、ロードカナロアですらオープン2着があった。ツルマルボーイを除けばマイル路線の重賞級ばかりだったといえる。

年齢・キャリア

高齢馬が有利。キャリア20戦前後が走りごろか

年齢別の成績は、4歳が[1.3.1.35]、5歳が[2.4.4.52]、6歳以上が[6.3.5.61]と、高齢馬の活躍が目立つ。3歳馬リアルインパクトの勝利はかなりのレアケースといえるだろう。6歳以上馬は6番人気以下で[3.2.3.48]と、穴傾向を示しているのも魅力だ。もっともキャリアの少なかったのはリアルインパクトで、安田記念までに5戦だけ。最多はブリッシュラックの43戦。勝ち馬の7頭が該当する「15〜28戦」あたりがベターだ。

騎手・厩舎

関西の騎手が乗った関東馬で穴を狙いたい

関東馬が[5.3.4.51]、関西馬が[4.6.4.77]、外国馬が[1.1.2.22]と、関東馬の健闘が目立つレース。6番人気以下に絞ると、関東馬が[3.1.1.37]、関西馬が[1.3.4.61]で「関東馬は穴で勝ち、関西馬は穴で2〜3着」という傾向がうかがえる。騎手は逆に[7.6.3.56]の関西勢が[2.3.4.67]の関東勢を圧倒。関西の騎手が乗った関東馬は[3.1.1.7]と信頼度が高く、関東の騎手が乗った関西馬は[0.1.1.25]と不振である点もポイントだ。

脚質

逃げ馬も直線一気も不利。先行または中団からの差しが勝ちパターン

過去10年、逃げた馬は未勝利で、道中2番手でも厳しい。前走(国内のみ)で4コーナーを先頭で回ってきた馬の成績も[0.1.0.11]と、さすがに直線の長い府中、逃げ・先行押し切りは困難だ。かといって追込みも届きづらく、4コーナー13番手以下にいた馬は[1.4.3.36]で勝ったのはツルマルボーイだけ。前走(国内のみ)で4コーナー13番手以下だった馬も[0.2.3.19]だ。好位3番手〜中団8番手あたりにつけるのが勝ちパターンとなる。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。