IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月25日(日)

11R

2014年5月25日(日) | 2回東京10日 | 15:40発走

第75回優駿牝馬(GI)

芝・左 2400m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牝 (指定) 定量 | 本賞金:9700、3900、2400、1500、970万円 |

レースの攻略アプローチ

脚質

逃げ粘りの難しいレース。馬券に絡んだのは10年間に4頭だけ

4コーナーを1〜2番手で回って3着以内に入った馬は10年間で4頭しかいない。2004年にはスローペースと見て向こう正面で動いたダイワエルシエーロがそのまま押し切り、また柴田善臣騎手が3頭を先行策から粘らせているが、好走例はこれだけだ。前走で4コーナー先頭だった馬はオークスで[0.0.2.8]というデータもあり、原則として前へ行く馬は不利と考えていい。理想は前に数頭を見ながらの中団待機か、後方集団からの追込みだ。

前走成績

桜花賞上位馬優位。別路線なら人気で勝利した馬がいい

桜花賞からの直行組は、桜花賞1着馬が[3.0.1.4]、2〜5着馬が[2.5.3.20]、6着以下だった馬が[3.1.1.35]。桜花賞での成績がいいほど今回も期待できるが、前走着順にはそれほどこだわらなくてよさそう。桜花賞組以外から出たオークス馬は、スイートピーS1番人気1着のカワカミプリンセス、フローラS1番人気1着のサンテミリオン、忘れな草賞2番人気1着のエリンコート。人気を集めて、かつ勝っていることが条件となる。

実績

オープン・重賞勝ちと新馬戦での好走がともに必要

オープンまたは重賞の勝ち鞍を持つ馬のオークス成績は[11.6.6.73]。つまり過去10年間の勝ち馬すべてがこの条件を満たしている。逆にオープン・重賞勝ちのない馬は[0.3.4.76]と苦戦しているのが現状だ。またデビュー戦(または中央初戦)が1〜2着だった馬のオークス成績は[8.8.4.83]、3着以下だと[3.1.6.66]。ブエナビスタ、アパパネ、エリンコートの新馬戦は3着だったが、そのレースで勝っていたのはいずれも牡馬だった。

騎手

関西の騎手が優勢。乗り替わりもマイナスに作用する

関西の騎手が[8.5.3.58]で勝率10.8%、関東の騎手は[3.4.6.84]で勝率3.1%と、数字には大きな差がある。また馬と騎手とのコンビネーションも重要で、前走と同じ騎手が乗った馬は[9.7.9.90]、乗り替わりがあると[2.2.1.59]。乗り替わっても勝ったのは、桜花賞ではラインクラフトを選んで勝った福永祐一が鞍上に戻ったシーザリオと、岩田康誠が騎乗停止のため川田将雅に乗り替わったジェンティルドンナだけとなっている。

血統・生産者

好相性の配合とオークスに自信を持つの生産者に要注目

サンデーサイレンスとその後継種牡馬の産駒が[7.6.6.85]で、率としては平凡ながらオークスの中心勢力といえる存在。特に母父がノーザンダンサー系種牡馬だと[5.4.2.35]で勝率10.9%と信頼感は上がる。またノーザンファーム生産馬が[5.5.2.23]の勝率14.3%と優秀な数字を収めている。2005年から毎年馬券に絡んでおり、2008年と2012年はワン・ツー・フィニッシュ。[2.3.2.33]の社台ファームともども、必ず馬券に加えておきたい。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。