IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2014年5月11日(日)

11R

2014年5月11日(日) | 2回東京6日 | 15:40発走

第19回NHKマイルカップ(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 定量 | 本賞金:9200、3700、2300、1400、920万円 |

レースの攻略アプローチ

前走

3つのレースからの臨戦でしか優勝はつかめない

過去10年ではニュージーランドトロフィー組が[5.2.3.58]、毎日杯組が[3.1.0.4]、桜花賞組が[2.1.0.4]で、勝ち馬はこの3つのローテーションからしか出ていない。このうち前走でも勝っていた馬が[5.0.0.9]、前走2着馬が[0.3.0.10]、前走3着馬が[3.1.0.5]なので、連勝に期待するか、3着からの巻き返しに賭けるか、という馬券が良さそう。3つのレース以外からのステップだと、皐月賞組が[0.3.2.24]など信頼度は落ちる。

血統と生産者

サンデーサイレンスの血とノーザンファーム生産馬に注目

サンデーサイレンスとその後継種牡馬たちの産駒が[6.4.5.39]で勝率は11.1%。近5年は4勝・2着2回・3着4回とますます好調だ。また母父サンデーサイレンスという馬も3年連続で連対中。サンデーサイレンスの血はこのレースに欠かせない要素となりつつある。生産者成績を見ても、サンデーサイレンスの血を持つ種牡馬・繁殖牝馬を多数抱えるノーザンファームが[4.2.4.14]と、一大勢力を築いている印象だ。

枠順

7枠は人気で完勝、人気薄で激走の要注意枠

7枠に入った馬が[4.2.2.22]で勝率13.3%と好調。2013年はエーシントップが1番人気で7着と期待を裏切ったものの、2004年から2011年までは連続で馬券に絡んでいた。デアリングハートが10番人気で2着、ピンクカメオが17番人気で1着と、人気薄でもマークしておきたい枠といえる。逆に冴えないのは[0.3.1.16]の1枠と[0.3.1.26]の8枠。極端な内と外はこのレースのマイナス材料となりうるようだ。

脚質

逃げ・追込み、どちらも難しいレース

過去18回の歴史の中で逃げ切ったのは2012年のカレンブラックヒルだけ。過去10年で見ると、前走で4コーナーを1〜2番手という位置取りで回ってきた馬は[2.3.3.35]で、3着以内に入った8頭のうち「前走で逃げていた」といえるのはメイショウボーラーとファイングレインだけだ。本質的には逃げ・早め先頭タイプには厳しいレースといえる。前走4コーナー13番手以下だった馬も[0.1.1.16]で、追込み馬の勝利も難しそうだ。

距離実績

マイル戦または中距離戦と重賞での好走歴が欲しい

マイル戦で勝ち鞍のあった馬は[9.7.6.88]で、上位馬のほとんどが該当する。マイル戦未勝利馬は[1.3.4.62]で、このレースを勝ったのはロジックだけだ。また1800〜2000mで3着以内に来たことのある馬は[5.4.3.48]。中距離戦3着以内のない馬も[5.6.7.102]と上位に来る数では大差ないが、率は倍くらい違う。また中距離実績がないのに勝った5頭のうち4頭には重賞1着があり、残る1頭もオープン勝ちがあった。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。