2014年9月28日(日)

11R

2014年9月28日(日) | 3回新潟6日 | 15:45発走

第60回産経賞オールカマー(GII)

芝・左 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:6200、2500、1600、930、620万円 |

レースの攻略アプローチ

前走成績

前走は中距離重賞であることがマスト。着順は気にせずともOK

前走の格別成績は、JRAのG1だった馬が[4.3.2.9]、G2からが[4.1.3.18]、G3からだと[2.5.4.43]、それ以外の馬は[0.1.1.30]。単純に「前走の格が高いほど好走確率は上がる」といえる。JRA重賞からの臨戦でないと勝てない点には、特に注意。前走の距離別に見ると、2000mが[7.5.4.52]、2200mが[3.2.1.4]で、勝ち馬10頭すべてが該当。前走6着以下でも[5.2.1.61]なので、前走で大敗していてもあまり気にしなくていい。

距離・重賞実績

中距離の重賞で好走した実績の持ち主がベター

勝ち馬の当レースまでの実績を見ると、トーセンダンディは前走・新潟記念3着、ホオキパウェーブは2200〜3000mの重賞で2着3回、バランスオブゲームは中距離を中心に重賞6勝、マツリダゴッホはAJC杯1着、シンゲンは重賞2勝、アーネストリーは宝塚記念勝ち馬、ナカヤマナイトは共同通信杯1着。2013年の勝ち馬ヴェルデグリーンを除けば、中距離重賞で勝ち負けしていた実績を持つ馬たちだったといえる。

脚質

逃げ・先行タイプが勝ち、差し馬は2着・3着に甘んじる

トーセンダンディと2009年のマツリダゴッホはこのレース逃げ切り勝ち。その他の8回のうち7回の勝ち馬は、4コーナーでは2〜3番手まで押し上げていた。4コーナーで3番手以内にいた馬の成績が[9.4.3.21]、4番手以下だと[1.6.7.78]で差し切ったのはヴェルデグリーンだけ。4コーナー10番手以下では[0.0.0.30]とサッパリで、後ろからでは届かず、差し馬が逃げ・先行タイプを捉えられずに終わるというパターンが多い。

ローテーションと馬体重

パワーに欠ける小型馬よりゆったりした馬体の大型馬がベター

前走からの間隔が4週以内だと[2.5.3.40]、5週以上あると[8.5.7.60]だから、夏場使われた馬よりゆったりとしたローテーションで臨む馬が良さそう。また馬体重480kg未満の馬の[2.4.6.41]に対して480�s以上の馬が[8.6.4.59]とリード。前走から馬体重が減っていた馬の[4.7.8.55]、勝率5.4%に対して、馬体増だと[5.1.2.29]の勝率13.5%。つまり、秋初戦として余裕を持った作りの馬体で出走してきた馬がベターといえそうだ。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。