IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年10月26日(土)

11R

2013年10月26日(土) | 4回京都8日 | 15:35発走

第56回毎日放送賞スワンステークス(GII)

芝・右・外 1400m | 天気:晴 | 馬場:稍重 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 別定 | 本賞金:5500、2200、1400、830、550万円 |

レースの攻略アプローチ

性別・馬齢

4歳勢が中心。牝馬は人気でも信頼度は低い

 年齢別の成績は、3歳が[2.1.1.26]で勝率6.7%、4歳が[5.5.3.23]で勝率13.9%、5歳が[0.3.4.36]でなぜか10年間未勝利、6歳以上が[3.1.2.55]で勝率4.9%。一応は4歳馬中心のレースと考えていいだろう。5歳馬の評価は少し落としたい。牝馬は[0.1.3.25]と、このレースで不振。テンシノキセキの2着などはあるものの、デアリングハートが3番人気15着、アストンマーチャンが1番人気14着と人気を大きく裏切ることもあった。

前走成績

前走オープン勝ち馬か重賞で0.7秒くらい負けていた馬が狙い目

 前走が中央の重賞・オープン特別だった馬が[10.9.8.122]、それ以外からの臨戦は[0.1.2.18]なので、前者が優位。また前走1着馬が[3.2.2.19]で、3着以内に入った7頭のうち4頭が前走オープン特別の勝ち馬だった。前走が6〜9着だった馬が[6.1.4.34]で勝率13.3%と高いが、1着馬6頭のうち5頭は前走勝ち馬との差が0.5〜0.9秒、残りの1頭は不良馬場のスプリンターズSで1.3秒差8着だったタマモホットプレイだ。

重賞実績

勝ち負けするためには短距離重賞での実績が必須

 過去10年の勝ち馬10頭のうち、コスモサンビームとグランプリボスがマイルG1の勝ち馬、マイネルレーニア、マルカフェニックス、リディル、ギャラントアロー、キンシャサノキセキは短距離重賞勝ち馬、プリサイスマシーンは1800mの重賞2勝でレコード勝ちがあった。残り2頭はタマモホットプレイが1200mオープン1着+マイル重賞2着、スーパーホーネットがオープン4勝+マイルG1で2着。重賞実績は必須といえそうだ。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。