2013年4月28日(日)

11R

2013年4月28日(日) | 3回京都4日 | 15:40発走

第147回天皇賞(春)(GI)

芝・右・外 3200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:13200、5300、3300、2000、1320万円 |

レースの攻略アプローチ

年齢とキャリア

年齢別成績は互角だが、目立つのは若い関西馬の活躍

 4歳馬が[5.3.3.44]、5歳馬が[3.3.6.31]、6歳馬が[2.2.1.28]と、アベレージ的にはほぼ互角。4歳馬の5勝中3勝、5歳馬の3勝中2勝、6歳馬の2勝中1勝が6番人気以下のもので、どんな年齢でも穴馬が激走する可能性はある。7歳以上になると[0.2.0.40]、キャリア31戦以上の馬も[0.2.0.39]と、実戦経験が増えると途端に成績は下がる。関東馬は5〜6歳で計3勝、関西馬は4歳馬が5勝と「若い関西馬」の活躍にも要注目だ。

脚質

逃げ一辺倒も直線一気もダメ。先行かマクリ脚質が有利だ

 2004年にイングランディーレが、昨年はビートブラックが逃げ切っているが、両馬とも前走は好位に控えていた。前走で逃げていた馬は[0.2.0.8]で、単純な逃げ馬では苦戦を強いられそう。かといって追込みも届かず、4コーナーを10番手以下で回ってきた馬の成績は[0.1.2.71]。もっとも後ろにいた馬でもスズカマンボの8番手で、ヒシミラクルやディープインパクト、メイショウサムソンなどはマクリ気味のレースで勝利している。

前走の着順と人気

大阪杯か阪神大賞典の上位馬が一応の中心

 前走が大阪杯だった馬が[3.3.2.18]、阪神大賞典だった馬が[3.1.4.46]で、この2つのローテーションが主力。日経賞組は[1.5.2.34]と2着が多い。前走の着順に着目すると、1〜3着だった馬の[8.7.9.69]に対して4着以下だった馬は[2.3.1.74]。ヒシミラクルやビートブラックが前走惨敗から巻き返した例はあるものの、やはり前走好走組を中心に考えたい。前走10番人気以下だった馬は[0.0.0.11]とノーチャンスだ。

血統

人気でノーザンダンサー系、穴ならヘイルトゥリーズン系

 ヘイルトゥリーズン系種牡馬の産駒が[4.5.7.76]、ノーザンダンサー系種牡馬の産駒が[4.2.1.27]で、この2大血統がしのぎを削っている。ヘイルトゥリーズン系は6番人気以下で[3.2.2.55]、ノーザンダンサー系は1〜3番人気で[2.1.1.2]なので、前者は穴狙い、後者は本命サイドで買い、と使い分けるのがベターか。ミスタープロスペクター系種牡馬の産駒は[0.2.1.16]であり、人気でも思い切って軽視したいところだ。

重賞実績と距離実績

芝2400m以上のレース、できれば重賞で好走した馬が望ましい

 過去10年の勝ち馬10頭のうち7頭が重賞勝ち馬、うち5頭が2400m以上の重賞ウィナーだった。また10頭中7頭が芝2400m以上のレースで勝った経験を持っている。重賞勝ち鞍も芝2400m以上のレースで勝った経験もないまま天皇賞(春)を制したのはマイネルキッツだけだが、芝2400m以上のレースを走ったのは前走・日経賞が初めてで、そこで2着に差してきている。各馬の重賞実績と長距離実績はしっかりとチェックしたい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。