IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年2月10日(日)

11R

2013年2月10日(日) | 2回京都6日 | 15:35発走

第106回京都記念(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 |

レースの攻略アプローチ

所属厩舎

関西馬が圧倒。関東馬は狙いづらい

 関西馬の[10.7.9.84]に対して関東馬は[0.3.1.14]と勝てていない。特に5番人気以下だと[0.1.0.13]と、ほとんどが着外に消えている。いっぽう3番人気だったトウショウナイトが3着、同じく3番人気のジャガーメイルが2着、1番人気のダークシャドウが2着と、上位人気なら何とか馬券には絡めている。それでも予想の中心は関西馬にしておき、関東馬は「人気なら仕方がないので拾っておく」程度のスタンスでいいはずだ。

年齢

勝ち切る4歳馬としぶとく連に絡む古豪

 年齢別の成績を見ると、4歳勢が[6.1.1.21]、5歳馬が[3.1.3.23]、6歳以上が[1.8.6.54]という内訳。勝ち切る力があるのは圧倒的に4歳馬で、5歳馬が対抗しているというイメージだ。それに対して6歳以上は、連には絡んでくるものの勝ち切れていないのが実情。2〜3着に敗れた馬には1番人気だったポップロックやサクラメガワンダーがいるので、実績のある馬でも古豪は2着までと考えるのがセオリーだろう。

生産者と血統

ノーザンファーム+サンデーサイレンスの血

 過去10年でノーザンファームの生産馬が5勝と好相性を誇っている。[5.1.2.14]で勝率22.7%だから数字的にも上々だ。社台ファーム産馬も1勝・2着1回、追分ファーム生産馬も1勝と、社台グループ系が強いレースといえる。また勝ち馬10頭のうち5頭は父がサンデーサイレンス系、4頭が母父サンデーサイレンス。サンデーの血が入っていなかったのは重馬場だった2005年のナリタセンチュリーだけだった。

前走のクラスと間隔

順調なステップで重賞を使ってきた馬が強い

 前走が重賞だった馬は[10.9.10.74]、条件戦やオープン特別だった馬は[0.1.0.24]で、狙うなら当然前者だ。また前走との間隔を見ると、中5週〜半年という馬が[10.10.7.54]と馬券になった馬はほとんどここから出ている。連闘〜中4週および半年以上の休み明けだと[0.0.3.44]で過去10年間未勝利。今年の場合、有馬記念や香港の国際レースなど昨年末の重賞を走り、ここが年明け初戦という馬が良さそうだ。
Yahoo! toto

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。