2013年12月15日(日)

11R

2013年12月15日(日) | 5回中山6日 | 15:25発走

第65回朝日杯フューチュリティステークス(GI)

芝・右・外 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系2歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:7000、2800、1800、1100、700万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

枠順

真ん中より内が明らかに有利

 昨年は7枠14番のロゴタイプが勝利したが、過去10年では1枠〜4枠に入った馬が[7.6.8.57]で勝率9.0%、複勝率26.9%で、5枠〜8枠の馬が[3.4.2.70]で勝率3.8%、複勝率11.4%と内枠有利だ。1〜3番人気に限れば、内の4枠が[6.2.5.7]と安定しているのに対し、外の4枠は[1.2.1.6]と成績を落としている。馬番でいうと、1〜5番だけで[5.5.6.33]と馬券に絡んだ馬の半数を占めている。軸は内寄りに入った馬から選びたい。

前走着順

前走からの連勝を狙える一戦

 前走で勝っていた馬は[7.5.7.63]で、これが主力。いっぽう前走2着馬は[0.3.3.20]で今回も2着がやっとだ。前走3〜5着馬は[3.1.0.26]で、ここからなら巻き返しは可能。ただしこのグループから馬券に絡んだ4頭はいずれも前走が重賞だったから、オープンや条件戦で負けているようではダメだ。前走6着以下の馬は[0.1.0.18]。この組は人気薄になっていることがほとんどだが、穴馬としても狙いにくい状況となっている。

前走人気

前走でも人気になっていた馬を選ぶ

 前走1番人気だった馬が[7.4.5.30]で勝率15.2%。前走でも主力視されていた馬が、ここでも好調だ。前走2〜5番人気だと[2.6.5.61]で、勝ち馬や軸馬の候補というより、その相手として選びたいイメージ。前走6番人気以下だと[1.0.0.36]で、グランプリボスがこれに該当する。そのグランプリボスの前走は京王杯2歳Sで結果は7番人気1着だった。人気の面でも成績の面でも劣る馬には、朝日杯で苦しい戦いが待っていそうだ。

関東での経験

東京・中山・新潟での経験が必須

 東京・中山・新潟のどこかで走った経験を持つ馬は[10.7.7.87]。しかも勝ち馬10頭はすべてこの3コースのどこかで1着経験があった。逆にこの3コースで走ったことのない馬は[0.3.3.40]で、2002年のエイシンチャンプ以来勝ち馬が出ておらず、メイショウボーラーとオースミダイドウが1番人気で負けている。また前走が東京の芝だった馬が[8.7.6.63]、新潟の芝だった馬が[2.0.1.2]だから、前走からの臨戦過程にも注意したい。

血統

母父サンデーサイレンスが最新のトレンド

 種牡馬の系統別では[5.5.1.21]のノーザンダンサー系が一歩リードしているが、より注目したいのは母の父。母父サンデーサイレンスという馬が[6.1.1.10]で勝率33.3%のハイアベレージ、目下5連勝中と絶好調だ。その他の勝ち馬の母父は、凱旋門賞馬Rainbow Quest、天皇賞(春)勝ち馬のタイテエムとメジロマックイーンなど、スタミナ型が目立つ。母父がノーザンダンサー系だと[0.4.6.48]なので、アタマからは買いづらい。

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。