2013年4月6日(土)

11R

2013年4月6日(土) | 3回中山5日 | 15:45発走

第31回ニュージーランドトロフィー(GII)

芝・右・外 1600m | 天気:雨 | 馬場:良 | サラ系3歳 | オープン (国際) 牡・牝 (指定) 馬齢 | 本賞金:5200、2100、1300、780、520万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走までの実績

芝マイル戦を中心に2勝以上している馬がベター

 過去10年の勝ち馬10頭すべてが、このレースまでに2勝以上をマークしていた。たとえば新馬勝ちや未勝利勝ちの後に重賞2着で注目されたようなタイプは、リアルインパクトが4番人気で11着と敗れているように、信頼度は高くない。また勝ち馬10頭中6頭には芝マイル戦での勝ち鞍があった。残り4頭のうち3頭はこれが初のマイル戦だったから「芝のマイル戦で負けていない馬たち」とも捉えられる。

前走成績

重賞で入着して臨む馬が一応の主役

 前走が6着以下だった馬が[1.1.1.46]と苦戦。特に前走10着以下だと[0.0.0.22]と、巻き返すことは絶望的といっていい。前走が5着以内だった馬は[9.9.9.82]で、馬券の軸に据えるならこちら。中でも前走重賞で入着していた馬は[5.3.8.30]だから、このグループが一応の主役と考えられる。ただし前走2着馬と3着馬は、過去10年未勝利。前走4〜5着馬か、[3.4.1.44]の前走500万下1着馬から本命馬を選びたいところだ。

枠順

内寄りの枠が圧倒的に有利

 1〜4枠に入った馬はトータルで[9.6.5.56]。勝率11.8%、連対率19.7%と高い水準をキープしている。いっぽう5〜8枠の各馬は[1.4.5.72]で、勝率1.2%、連対率6.1%とアベレージはガクっと落ちている。サンライズプリンスが大外16番枠に入りながら勝ってはいるものの、この馬は1番人気だった。5枠より外で、しかもゲート内で待たされる先入れの奇数ゼッケンとなると[0.3.3.35]。苦しい戦いが待ち受けていそうだ。

騎手の経験

若手は軽視、中堅〜ベテランを狙いたい

 外国人騎手、地方所属騎手および岩田康誠や内田博幸など地方競馬から転向してきたジョッキーを除いてカウントすると、デビューから11年以上の中堅どころが[6.3.3.54]、21年以上のベテランが[3.5.1.15]と奮闘。内田博幸騎乗で勝ったマイネルハーティー以外は、すべてこのゾーンから勝ち馬が出ている。これに対してデビューから10年以内のジョッキーは[0.1.2.43]と苦しんでいる。若手に厳しい重賞といえそうだ。
Yahoo! toto

スポナビDo

イベント・大会一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。