IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2013年2月24日(日)

11R

2013年2月24日(日) | 2回中山2日 | 15:45発走

第87回中山記念(GII)

芝・右 1800m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

レースとの相性

前年に続けて好走する馬が多い

 この10年を振り返ると、バランスオブゲームとカンパニーが2勝・2着1回、ローエングリンが2勝・3着1回と、特定の馬が複数回好走するケースが目立つ。それ以前に遡ってみても、アメリカンボス、ダイワテキサス、クシロキングなどが2年続けて連対。1994年は1着サクラチトセオー、2着フジヤマケンザン、翌1995年はフジヤマケンザン1着、サクラチトセオー2着というケースも。前年の上位馬は忘れずに狙いたい。

血統

父・母父どちらかにノーザンダンサーの血が必要

 傾向分析でも述べた通り、ノーザンダンサーの血が入っている馬と入っていない馬とで成績が大きく異なるレース。父か母父、どらちかがノーザンダンサー系という馬は[8.6.6.50]で、勝率11.4%、連対率20%。いっぽう父・母父ともノーザンダンサー系ではない馬は[2.4.4.53]で、勝率3.2%、連対率9.5%と数字はガクンと悪くなる。ノーザンダンサーの血が必須のレースといえる。父ノーザンダンサーの穴馬が激走することも多い。

騎手の東西

関東の騎手優位。人気なら信頼度さらにアップ

 関東の騎手は[8.4.6.79]で勝率8.2%、連対率12.4%。いっぽう関西の騎手は[1.5.4.16]で勝率3.8%、連対率23.1%と勝ち切れていない印象。勝ったのは1番人気サクラプレジデントの手綱を取った武豊騎手だけだ。関東の騎手は1〜3番人気に限ると[4.1.2.9]で勝率を25%まで伸ばしてくる。関東のジョッキーが乗った人気サイドの馬を中心に考えるのがセオリーだろう。ちなみに外国人騎手は[1.1.0.6]。連対はともに1番人気だった。

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。