2013年1月20日(日)

11R

2013年1月20日(日) | 1回中山7日 | 15:35発走

第54回アメリカジョッキークラブカップ(GII)

芝・右・外 2200m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系4歳以上 | オープン (国際)[指定] 別定 | 本賞金:6000、2400、1500、900、600万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走のクラス

前走が重賞でないと勝利は厳しい

 前走が重賞だった馬は[9.8.5.55]で勝率11.7%と安定しているのに対し、前走が準オープンやオープン特別だと[1.2.5.36]で勝率は2.3%、勝ったのは後に有馬記念を制するマツリダゴッホだけだ。そのマツリダゴッホは前走・準オープン1着、このレース2番人気と高く評価されていた。よほどの中山巧者や高評価を受けている素質馬でない限り、前走重賞以外からの臨戦で勝ち負けに持ち込むのは苦しい。

前走との間隔

久々は大きく割引。順調に使われている馬から買う

 連闘馬は[0.0.2.1]で未勝利、10週以上間隔が空いた馬も[0.2.0.22]でやはり未勝利。主力となるのは2〜4週の間隔で臨む馬で、[9.4.4.46]の勝率14.3%と勝ち馬のほとんどがここから出ている。5〜9週だと[1.4.4.22]。勝ったのはジャパンC4着以来、1番人気で出走したマグナーテンだけだ。強い相手に好勝負、仕上がりも万全で人気になっているようなら久々でも狙えるが、基本は順調に使われている馬から入りたい。

前走の着順

前走では掲示板を確保しておきたい

 前走が1〜5着だった馬は[8.6.6.37]で勝率14%、複勝率35.1%と好調。前走6着以下だと[2.4.4.54]で勝率3.1%、複勝率15.6%と不振。前走着外から巻き返して勝った2頭は2006年のシルクフェイマス(日経新春杯と京都記念の勝ち鞍がある中長距離馬で、前走は不向きなマイル戦で8着)と2010年のネヴァブション(前年の勝ち馬で前走は相手の強い有馬記念で12着)で、G2勝ち馬&前走は言い訳のできる敗戦といえる。

母の父の血統

母の父はノーザンダンサー系かナスルーラ系

 父馬の系統より重視したいのは母の父の血統だ。母父がノーザンダンサー系種牡馬だと[5.5.2.37]で勝率10.2%、ナスルーラ系の種牡馬だと[5.0.3.23]で勝率16.1%。過去10年間はこの2つのタイプからしか勝ち馬が出ていない。これ以外の系統だと[0.5.5.31]で2着がやっと。実力があっても人気でも対抗にとどめ、軸馬には「母父がノーザンダンサー系かナスルーラ系」をピックアップしたい。

スポナビDo

新着記事一覧

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。