sportsnavi

2013年6月2日(日)

11R

2013年6月2日(日) | 3回東京2日 | 15:40発走

第63回安田記念(GI)

芝・左 1600m | 天気:晴 | 馬場:良 | サラ系3歳以上 | オープン (国際)(指定) 定量 | 本賞金:10000、4000、2500、1500、1000万円 | レコードが出たレース

レースの攻略アプローチ

前走成績

前走G1かG2で4着以内がベター

 前走がG1またはG2(海外含む)だった馬は[8.8.10.116]、G3以下だった馬は[2.2.0.34]。地方G3をステップにしたアグネスデジタルやオープン特別からの臨戦だったショウワモダンの例はあるものの、一応は「前走G1かG2」が有利といえる。また前走が4着以内だと[9.6.7.91]、5着以下だと[1.4.3.58]。ツルマルボーイが大阪杯6着から巻き返して勝利しているが、各馬の前走着順は素直に評価して実力を捉えたい。

距離実績

マイル戦でしっかりと実績を残してきた馬が勝つ

 優勝馬のマイル戦実績を見ると、アグネスデジタルとダイワメジャーはマイルCS、ウオッカは阪神ジェベナイズフィリーズ、ブリッシュラックは香港G1を勝っている。アサクサデンエンはマイル戦4勝、ストロングリターンは3勝で前年の安田記念2着、リアルインパクトは朝日杯フューチュリティS2着、NHKマイルC3着、ショウワモダンはG3を勝っていた。ツルマルボーイを除けばマイル路線の重賞級ばかりだったといえる。

年齢・キャリア

高齢馬が有利。キャリア25戦前後が走りごろか

 年齢別の成績は、4歳が[1.4.2.36]、5歳が[1.3.3.53]、6歳以上が[7.3.5.60]と、高齢馬の活躍が目立つ。3歳馬リアルインパクトの勝利はかなりのレアケースといえるだろう。6歳以上馬は6番人気以下で[3.2.3.48]と、穴傾向を示しているのも魅力だ。もっともキャリアの少なかったのはリアルインパクトで、安田記念までに5戦だけ。最多はブリッシュラックの43戦。勝ち馬の5頭が該当する「22〜28戦」あたりがベターだ。

騎手・厩舎

関西の騎手が乗った関東馬で穴を狙いたい

 関東馬が[5.3.5.53]、関西馬が[4.6.3.77]、外国馬が[1.1.2.20]と、関東馬の健闘が目立つレース。6番人気以下に絞ると、関東馬が[3.1.1.39]、関西馬が[1.4.3.61]で「関東馬は穴で勝ち、関西馬は穴で2〜3着」という傾向がうかがえる。騎手は逆に[7.6.3.58]の関西勢が[2.3.5.65]の関東勢を圧倒。関西の騎手が乗った関東馬は[3.1.1.7]と信頼度が高く、関東の騎手が乗った関西馬は[0.1.1.24]と不振である点もポイントだ。

血統

ただのマイラー血統ではなく中距離以上への適性も大切

 勝ち馬の父は、ダンスインザダーク、Singspiel、タニノギムレット、ディープインパクト、シンボリクリスエスと、現役時に日本の芝・中長距離G1で実績を残したタイプが多い。アグネスデジタルの父Crafty Prospectorは2000mのダートG1での2着があり、ショウワモダンの父エアジハードも天皇賞(秋)3着があって、スピードだけのマイラーではなかった。血統的には2000m以上への適性も欲しいところだ。
Yahoo! toto
Yahoo! toto

スポーツナビ+ ブログ

結果・成績・オッズなどのデータは、必ず主催者発行のものと照合し確認してください。
スポーツナビの競馬コンテンツのページ上に掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、ヤフー株式会社および情報提供者は一切の責任を負いかねます。